« スピーカーの配置換え(2) | トップページ | アルビノーニのアダージョ »

スピーカーの配置換え(3)

ALL FET タイプでは如何だろうかと思い
M-5100SH → No220風DAC → ALL FET SiC MOS Power IVC
で聴いてみました。
一聴して
・ 音場が広く朗々と鳴っている
という感じです。
Jazzを聴きましたが中々良い感じです。
ただ、暫く聴いていると中央で鳴っているベースがありえ無いほど巨大に見えてきます。
そこでkontonさん風Power IVCに交換して同じ曲を聴いてみました。
一瞬、音量が小さく寂しく感じてしまいました。
低域の量感で負ける様です。
低域の量感はALL FETより劣りますが、やはり奥行きの表現力の為か音像がしっかりしている様に聴こえます。
ベースの音も自然なかんじでした。
ただ、前回の書き込みの様に奥行きの表現が少なくなった現在の配置では、
ALL FETとkontonさん風での差が本当に微妙な差の様に感じます。・・・

|

« スピーカーの配置換え(2) | トップページ | アルビノーニのアダージョ »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/61738101

この記事へのトラックバック一覧です: スピーカーの配置換え(3):

« スピーカーの配置換え(2) | トップページ | アルビノーニのアダージョ »