« 中島みゆき「私の声が聞こえますか」 | トップページ | kontonさん式No239風妄想(4) »

kontonさん式No239風妄想(3)

LTSpiceでレギュレータ込みのシミュレーションをしてみました。

最初超高速PPレギュレータの回路でSiC MOSFETを使用した物を作ってみました。

単体ではレギュレータ、アンプ供に問題有りませんが接続してシミュレーションすると、

まともに動作しませんでした。

Ws000368_r
レギュレータの出力を見てみると
Ws000370_r

Ws000371_r

こんな感じで発振している様です。

そこでアズマ・ブリッジ・ボードさん( http://www.asahi-net.or.jp/~tx2h-itbs/ )の無帰還型レギュレータの回路で試してみると問題無さそうでした。

Ws000374_r
Ws000372_r

実際に使っている素子でシミュレーションできていませんので傾向を掴むだけのシミュレーションですが、

昔から聞いているように超高速PPレギュレータは発振しやすいのかも知れませんね。

現実にはCMF10120を使用して超高速PPレギュレータを現用しています。

半年以上、問題なく動作していてkontonさん風Power IVCと組み合わさって、

心地良い音楽を聴かせてくれています。

それともシンプルタイプだとシミュレーションの様に発振するのでしょうか・・・

追記

アズマ・ブリッジ・ボードさんの±出力を改めて見てみると上図の設定では+側の変動が大きいです。

もう少し試してみないといけない様ですね。・・・

Ws000375_r
アンプの入力信号をゼロにした時の+側レギュレータ出力波形Ws000376_r

アンプの入力信号を入れて負荷を掛けた時の+側レギュレータ出力波形
Ws000377_r

|

« 中島みゆき「私の声が聞こえますか」 | トップページ | kontonさん式No239風妄想(4) »

konton」カテゴリの記事

コメント

kephyceさん
こんばんわm(_ _)m
エミッタフォロワ、ソースフォロワ、、、は単体・・・
そう言う事なのですね。
未だ、上手く理解できませんのでもう少し勉強してみます。(汗・・・

投稿: LA4 | 2015年8月17日 (月) 22時53分

こんにちは。
あ、いや、エミッタフォロワ、ソースフォロワ、、、は単体で帰還がかかってインピーダンスを下げているのです。
って、昔金田さんも記事に書いていましたね。
(ちなみに、完全対称の出力段は100%の帰還ループを外しています。よってインピーダンスは、フォロワよりはかなり高くなっています)
フォロワの出力なのに無帰還、というのは正確ではありません。
電子回路、低インピーダンスのものは帰還が存在しています。

投稿: kephyce | 2015年8月17日 (月) 16時48分

kephyce さん
こんにちわm(_ _)m
>無帰還じゃ無いですよね・・・
再度見直したら「無帰還」では無く「無帰還型」と書かれていますね。(汗
1.8Kで帰還が掛かっていると言う事なのでしょうか・・・

投稿: LA4 | 2015年8月14日 (金) 13時28分

kephis改め?kephyceです(笑)

アズマ・ブリッジ・ボードさんの回路、無帰還じゃ無いですよね・・・

投稿: kephyce | 2015年8月14日 (金) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/62079361

この記事へのトラックバック一覧です: kontonさん式No239風妄想(3):

« 中島みゆき「私の声が聞こえますか」 | トップページ | kontonさん式No239風妄想(4) »