« kontonさん式No239風妄想(4) | トップページ | kontonさん式No239風作成(1) »

kontonさん式No239風妄想(5)

シミュレーション上だけですがレギュレーター回路を何個か試して見ました。

結果PPレギュレーターが一番問題無い回路でした。

先日シミュレーションした時は±18V仕様のまま試しましたが、今回は±24Vで試しました。

すると試した回路の中では一番問題の無い波形が表示されました。

*波形図の上下が電圧、中央の0V付近がアンプ入力、±10V位の振幅がアンプ出力波形です。

・No239レギュレータ

Ws000127_rWs000126_r
-側が発振気味です

・TT用±15Vレギュレーターを±24Vに変更した回路

Ws000129_r
Ws000128_r_4

+側の変動が少し大きいです

*アンプ入力0mAでは変動の無い表示でした。

・アズマ・ブリッジボードさん回路

Ws000131_r
Ws000130_r
振幅が+側に振れた時、+側電圧が下がっている様に見えます

*アンプ入力0mAでは変動の無い表示でした。

・PPレギュレータ

Ws000125_r
Ws000124_r
一番問題の無さそうな波形です。

上図では解りませんが波形を拡大して見ると、

+側は3mV位の変動、-側は10mV位の変動でした。

* あくまでシミュレーションで有り実際に使っている素子では有りませんので、傾向を掴む程度の参考にしかならないと思います。

*図はクリックで拡大表示されます。

現実に使っているPPレギュレータがシミュレーションとは言え一番安定しているのに安心してしまいました。

これで安心してkontonさん式No239風を試せそうです(汗 ・・・

* 電流入力1mA、1KHz正弦波で測定

|

« kontonさん式No239風妄想(4) | トップページ | kontonさん式No239風作成(1) »

konton」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/62090322

この記事へのトラックバック一覧です: kontonさん式No239風妄想(5):

« kontonさん式No239風妄想(4) | トップページ | kontonさん式No239風作成(1) »