« 基板調整用電源(1) | トップページ | 基板調整用電源(3) »

基板調整用電源(2)

調整に入りましたが、どうにも上手く行きません。
最初プラス電源側を調整すると、
一瞬設定位した15V出力になったのですが、そこから徐々に電圧が下がりゼロVになってしまいました。
そうなると時間をおいて再度電源を入れても0Vのままです。
色々試したのですが変化無し。
試しにマイナス電源レギュレーターを付けてみると問題なく−15Vで暫く置いても問題ありませんでした。
問題なのはプラス側だけです。
プラスレギュレーターの部品を一個一個外してチェックしましたが問題有りません。
ダイオードブリッジをSCS106ACから30DF1に変更しレギュレーターの制御Tr CMF10120を交換して再度試すとプラス15Vを数秒表示してくれますが、徐々に電圧が下がり0Vとなり又も同じ現象です。
なんだかなー状態になってしまいましたので違うレギュレータ回路を試してみようと思います。・・・

|

« 基板調整用電源(1) | トップページ | 基板調整用電源(3) »

SiC MOS FET」カテゴリの記事

コメント

T@Mさんでしたか(^-^;
改めまして情報ありがとうございました。
実際の挙動不審とシミュレーション上の不具合は現象が違いますが、明かりが見えて来た様な気がします。
最も本来の目的はkontonさん風のドライブ段無しアンプ作成なのですが、
かなり手前でつまずいてしまいました。(汗・・・

投稿: LA4 | 2015年9月27日 (日) 09時47分

LA4さん、投稿時名前確認してませんでした。
TR5の6mAは多いです。
こういう時のシミュレーションって良いですね。(私は使えません)

投稿: T@M | 2015年9月26日 (土) 22時46分

名無しさん
コメントありがとうございます。m(_ _)m
早速LTSpiceで占ってみると、
まともに電圧が出ます。
2SK117では6mA位流れていますが2SK30に変更してみると2mA位です。
2Sk117の時は30V位の出力を調整で変更させる事ができませんでした。
2SK30だと今までのレギュレータ通り抵抗値交換で15Vでも17Vにでも調整できます。
シミュレーション上では有りますが実際も上手く出来そうな気がします
休みの日に実際に試してみます。
情報ありがとうございました。m(_ _)m
それにしてもマイナスレギュレータでは問題無いのが不思議です。・・・

投稿: LA4 | 2015年9月26日 (土) 18時53分

LA4さん、こんにちは。
違っていたらすいませんが、ツェナー電圧は確認済みとして、定電流FET(TR5)のIDSS値が多いと動作しない経験があります。
TR5はTR3,4のIDSS値の半分以下が良いです。

投稿: | 2015年9月26日 (土) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基板調整用電源(2):

« 基板調整用電源(1) | トップページ | 基板調整用電源(3) »