« 基板調整用電源(2) | トップページ | kontonさん式No239風作成(6) »

基板調整用電源(3)

T@Mさんに、ご助言頂きましたので、

試してみましたら、まさにビンゴ!でした。

Tr5 2SK117の電流はは2mA位でOKの様です。

(実際に測定したら1.95mAと1.87mAでした。)

Ws000000_r


002_r

出力電圧 +15.02V,-15.04Vで無負荷状態では有りますが安定しています。

使用パーツ

トランス: RSコンポーネンツ 91242-P2S2 18V3.3A

電解コンデンサ : nichicon MUSE  50V 1000μF * 2

ダイオード : SCS106AGです。

後は適当なアルミ板に固定すれば、とりあえずは基板調整に使えると思います。

T@Mさん

ご助言本当に、ありがとうございました。m(_ _)m・・・

|

« 基板調整用電源(2) | トップページ | kontonさん式No239風作成(6) »

SiC MOS FET」カテゴリの記事

コメント

DCアンプさん
こんばんわ
アンプ完成、おめでとうございます。
良い音で聴けているとの事で、良かったですね。
>色々、参考にさせていただきます。
参考になる事が有れば良いのですが(汗・・・

投稿: LA4 | 2015年10月 2日 (金) 21時01分

こんにちは
TrIVC(kontonさん製)を作製しました、(良い音です) いまはバッテリーで動作してますが、定電圧電源で±15vにしたい、ターンテーブル用±15vか
sic電源で作製しようかと思います。
色々、参考にさせていただきます。

投稿: DCアンプ | 2015年10月 2日 (金) 12時46分

DCアンプさん
こんばんわ
kontonさんのページ
http://www7b.biglobe.ne.jp/~konton/Power%20IVC.htm#その後の2
私は構想だけで実際には作っていませんので、動作するか解りませんが
http://la4.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/kontonpower-i-2.html
です。

投稿: LA4 | 2015年10月 1日 (木) 22時33分

今晩は
返信ありがとうございます。プレーヤー電源の15V±-で組立てる
と思います
kontonさんバイポーラtrIVCを作製してます、
すいませんが、もう一度UPしていただけますか

投稿: DCアンプ | 2015年9月30日 (水) 22時39分

DCアンプ さん
こんばんわ
次の記事にも書きましたが、レギュレーターの入出力電圧の差が小さければ、それ程発熱はしないと思います。
実際使っているSP-10用制御アンプでもレギュレーターは殆ど発熱していません。

投稿: LA4 | 2015年9月30日 (水) 18時26分

こんにちは
放熱器は、どれぐらいの熱さになるのですか?
テクニカルサンヨのP2のトランスで15V+-を作製を考えてます。

投稿: DCアンプ | 2015年9月30日 (水) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基板調整用電源(3):

« 基板調整用電源(2) | トップページ | kontonさん式No239風作成(6) »