« kontonさん式No239風作成(6) | トップページ | kontonさん式No239風試聴(2) »

kontonさん式No239風試聴(1)

我慢できずにメインシステムで音出しです。

004_r
写真の様なバラック状態で聴きました。

何時もの様に壊しても良いスピーカーで20分位音出しして、問題無さそうなのでオンケンに接続しました。

M-5100SH → N0220風DAC →今回のアンプ

クリアな音です。・・・が普通のオーディオの音に感じます。

三次元的表現が無く平面的です。

悪くは有りませんが、別に・・・と言う感じでした。

元に戻してkontonさん風CMF10120ドライブPowe IVCで聴き比べると、

やはりkontonさん風CMF10120ドライブPowe IVCの方が空間表現が有りスピーカーの存在が消えて聴こえます。

電源電圧の違いや出力の石の違い、ドライブ段の有無が音の違いとして有るようです。

ひとまず音は置いといて、ドライブ段無しでもC2M0160120出力で普通にPower IVCとしては正常に動作しました。

又ゲート抵抗、ソース抵抗無しでも問題無さそうです。

問題なく動作はして音も悪くはありませんが、現行のアンプを凌駕するまでには今の所行か無い様です。

少し残念です。

残念ですが一番最初の構想で期待した、ゲート抵抗なしソース抵抗無しでも正常動作した事で満足すべきなのかもしれませんね。

とは言え、一番肝心の音が現状で満足でき無い様では、ひと工夫必要です。

少し恐怖心が有りますが、再度±24V電源で試してみるとか・・・

|

« kontonさん式No239風作成(6) | トップページ | kontonさん式No239風試聴(2) »

konton」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/62384821

この記事へのトラックバック一覧です: kontonさん式No239風試聴(1):

« kontonさん式No239風作成(6) | トップページ | kontonさん式No239風試聴(2) »