« レギュレーター復旧 | トップページ | iOS9にしたら・・・ »

Johann Sebastian Bach

久しぶりにレコードのデジタル化を試して見ました。

003_r

J.S.Bach OVERTURES BWV 1066,1068

ARCHIV PRODUKTION STEREO 2533 411

THE ENGLISH CONCERE

最初は以前のまま録音していたのですが、このレコードのダイナミックレンジが広く、

レベルが高すぎてMR-2000Sのレベルオーバーランプが点滅しまくりでした。

ADCのレベルコントロールVRに100KΩを使っていたのですが、これだと殆どボリュームを上げる事が出来ません。

VRは真ん中以上が音が良いと何かで読んだ記憶が有り、急遽20KΩのボリュームに交換して、再度収録し直しました。

収録後プチノイズや曲間ノイズをざっと編集してメインシステムで試聴です。

印象としては音場が気持ち狭い感じも有りますが、

透明感の有るクリアな感じで、まずまずの印象です。

ヴァイオリンの音は実在感が有り私の好みの音でした。・・・

|

« レギュレーター復旧 | トップページ | iOS9にしたら・・・ »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Johann Sebastian Bach:

« レギュレーター復旧 | トップページ | iOS9にしたら・・・ »