« kontonさん式No239(FET)(3) | トップページ | ビクター JL-T77(3) »

ビクター JL-T77(2)

図面を入手したくてJVCケンウッドのサポートに何回か電話をしてみますが、中々繋がりません。

「・・・只今大変込み合っています。・・・」

前置きが長く「ナビダイアルで・・・料金が・・・」

通話料金を稼ぐ為にわざと待たせているのかと疑いたくなって来る程です。

追記

ようやく繋がり聞いてみましたが、あっさりと「公表していません」の一言で終わりでした。

もっとも当然の対応では有りますが「JL−T77・・・?』と言う感じです。(汗

* ネットでは色々探したのですが入手出来ませんでした。

図面入手は諦める事にして実物をばらして想像する事にします。

マスキングテープに基板に繋がっていた配線のピン番号を記入しました。

後は回路基板と配線をテスターで確認しながら追ってみます。

* SP-10と同じ様な構造なら必要な配線は12本だと思うのですが24本有りますので時間が掛かりそうです。

002_r
004_r

005_r

008_r_2
009_r

|

« kontonさん式No239(FET)(3) | トップページ | ビクター JL-T77(3) »

ターンテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/62468669

この記事へのトラックバック一覧です: ビクター JL-T77(2):

« kontonさん式No239(FET)(3) | トップページ | ビクター JL-T77(3) »