« ビクター JL-T77(9) | トップページ | スターウォーズ フォースの覚醒 »

ビクター JL-T77(10 )

サービスマニュアルが入手できれば、こんなに悩む事は無いのですが、

じっくり回路を追いかけながら調べたピン番号を記入して行くとステータコイルへの給電がSP-10とは逆の様に思えます。

Ws000439
* 図はクリックで拡大表示します。

*追記 へいぞうさんに、ご助言いただきましたので図をリサイズせず大きめの物と入れ替えました。

ステーターコイルの中央が供給側になっているようです。

雑誌のSP-10記事のでは、ここはPcで金田式では未使用となっています。

ですから金田式で使うならやはり未使用とすべきなのでしょう。

後、上図の1~6番ピンがダイオードで一つに纏まっていますが、

Ws000437_r

想像するに、この配線がSP-10で言うとローター位置検出コイルではないでしょうか。

このモーターではホールセンサーを使用している為、必用が無いのでこの様な処理をなされている気がします。

Ws000438

下の図がホールセンサーへの電源供給配線(たぶん)
Ws000436_r

一歩一歩、試行錯誤しながら進むしか有りません。・・・

|

« ビクター JL-T77(9) | トップページ | スターウォーズ フォースの覚醒 »

ターンテーブル」カテゴリの記事

コメント

へいぞう さん
コメントありがとうございます。m(_ _)m
>回転数を発電用の独立巻線の・・・
そうなのですね(汗
ホールセンサー使用なのと記事で位置検出コイルとピン数が同じなので使わないのだろうと単純に考えてしまいました。
回路を見ると確かに速度調整ボリュームの配線の近くに繋がっているようです。
金田式制御アンプで駆動するなら必用無いように思っているのですが、どうなのでしょうか?・・・

投稿: LA4 | 2016年1月 4日 (月) 17時43分

LA4さん、
 LA4さんのJL-T77の書き込みが気になりましたのでお邪魔しました。
見ていて思ったことをコメントさせてください。
お書きになった回路図がハッキリと読めないので、推測ですが、ダイオードD12-D17の意味ですが、SP10と同じように速度制御用の検波用のダイオードではないでしょうか?このころのモータはFG制御では無くて、回転数を発電用の独立巻線の起電力を検波して、その直流値で制御していたと思います。

投稿: へいぞう | 2016年1月 3日 (日) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/62996878

この記事へのトラックバック一覧です: ビクター JL-T77(10 ):

« ビクター JL-T77(9) | トップページ | スターウォーズ フォースの覚醒 »