« 自作バキュームレコードクリーナーヘッド(1) | トップページ | まるで別物 ・・・ »

自作バキュームレコードクリーナーヘッド(2)

もっと早く、試してみればよかったのにと後悔しきりです。
「水の劇落ちくん+水洗い+バキュームクリーニング 」
で、十数枚試して5枚程裸で縦て一昼夜放置しましたがホコリ一付いていません。
本日は休みでしたので4枚程、一枚洗浄しては試聴という形で繰り返し聴きましたが、A面、B面連続して聴いてもレコード針に埃一つ付いていませんでした。

プチノイズはかなり減少していますが、完全には取り切っていません。

固着してしまった埃が取り切れず残っているようです。

音自体は情報量が増した様で空気感が感じられるレコードも有りました。
今までは、水洗い後、タオルで拭いてそのまま自然乾燥か、

硬く絞った濡れタオルで盤面クリーニングの形でしたので、

糸くずが引かかったり、静電気で付着したで有ろう細かい埃が針に付着してしまい、

片面聴くごとにクリーナーで針先を拭いていました。
所が「水の劇落ちくん+水洗い+バキュームクリーニング」では、針に埃一つ有りません。
レコード盤に静電気が付いていないのでは無いかと思われます。
水の劇落ちくんは5年くらい前から販売されている様ですし、

レコードバキュームクリーナーは高価ですが、もっと以前から製品は有りました。
手動式では有りますが、こんなに簡単に自作できて効果が有るなら、
もっと早くに試してみれば良かったのにと、つくづく思います。
と言いますのも、
たまたまボンドパックで失敗したものの、捨てられずに取っておいたレコード 

28AC 701メータ「春の祭典」45rpm盤
を手に取ってしまったからです。
スチームを当ててみましたが、元のボンド状になるだけで除去は出来そうも有りません。
泣く泣くゴミ箱行きとなりました。・・・

追記

レコードばかり聴いていたので、久しぶりにデジタル再生してみると、

最初の内は、なんだか薄ぺらな音に感じてしまいました。

比較するとレコード再生のほうが音に厚みが有る様に感じてしまいます。

|

« 自作バキュームレコードクリーナーヘッド(1) | トップページ | まるで別物 ・・・ »

レコードクリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自作バキュームレコードクリーナーヘッド(2):

« 自作バキュームレコードクリーナーヘッド(1) | トップページ | まるで別物 ・・・ »