« 戯言・・・ | トップページ | ペーパークラフト »

メータ/マラー交響曲第3番二短調

まず、まだまだ余震も有り大変だと思いますが、災害会われた方々に心より、お見舞い申し上げます。m(_ _)m

身内が熊本に住んでいますので、すぐに安全確認しました。

とりあえず無事の様で、ほっとした所も有ります。

困った時はお互いさまが日本人の良いところだったはずですが、

空き巣被害も有ると聴くと、こんな時にと情けなくなります。・・・

話は変わりますが久しぶりにレコードのデジタル化を試しました。

「メータ/マラー交響曲第3番二短調」SLA1231-2 1979年

Mahler_sym3_mehta
CDをM5100SHに取り込んで聴いてみると、

レコード再生よりスケールが小さく、平面的な音に感じましたので、

「では、レコードをデジタル化したら、どの様に感じる?」

と思い立ち、比較の為に片面のみデジタル化してみました。

数回聴き比べました。

96k/24bitで取り込みました。

其の為かレコードより取り込んだ方が、CDより取り込んだ音源と比べると、

明らかにエネルギー感スケール感が上回っている様に感じます。

時々入るプチノイズはご愛敬(^^;)

Audacityで編集すれば時間はかかりますが、

プチノイズは、ほぼ減らせると思います。

レコードのデジタル化音が、より良い音と感じられるのは幸せな事です。・・・

|

« 戯言・・・ | トップページ | ペーパークラフト »

レコードのデジタル化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メータ/マラー交響曲第3番二短調:

« 戯言・・・ | トップページ | ペーパークラフト »