« 洗浄時のレコードスタンド・・・ | トップページ | メータ/マラー交響曲第3番二短調 »

戯言・・・

MJ 2016年05月号を購入しました。

DCアンプマニアさんのブログの書き込みで試聴会のSCT3030ALの音が良かったと有りましたが、記事の「本機の音」を拝見すると、何時もの語り口の様に熱く語られていらっしゃいます。

SCT3030ALのアンプの音が良いらしいと最初は単純に思いましたが、

今回はドライブ段もSiCMOSを使われていらっしゃいますし、初段は真空管です。

単純にSCT3030ALの音が良いとは判断できないのでは無いかと言う想いが、ふと沸いて来たりもしています。

(個人的な思い込みでは有りますが、ドライブ段にSiC MOS FETを使うとSiを使った物とは別次元の音だと個人的には思っています)

今日もレコードを聴いて過ごしました。

超音波クリーニングをして、水の激落ちくん+水洗浄+バキューム吸水と言う手順です。

Img_0508_r_3
レコード固定は適当にカットしましたが、溝を数えると21枚まではレコードを固定出来る様です。

Img_0507_r 

「リアル・マッコイ」ヴァン・マッコイ VIP-6320 1976年
Img_0511_r

ステレオ・ラボラトリーVOL.9 ビッグ・バンド/クインシー・ジョーンズ 1975年

Img_0510_r

残念ながら、ヴァン・マッコイのアフリカンシンフォニーは予想に反して、余り感動する音では有りませんでした。

きっと期待値が大きすぎたのでしょう、本当に予想外です。

好きな曲なので、クリーニングによって、きっと素晴らしいアフリカの草原が目の前に広がるはずと思っていましたが効果は無かった様です。

本当に残念でした。

クインシー・ジョーンズは、もともとクリアな音と記憶していましたが、

さらに鮮烈な音で期待通りクリアな響きに感じました。

本当に千差万別で、良い音と感じていたレコードが、さらに鮮烈でクリアな音に感じたり、

良い音と思っていたのに、思いに反して対して良くなかったりと予想外の結果が有り、

レコード洗浄の効果は予想を超えた再生音を聴かせてくれます。

つくづく、レコードの持っているポテンシャルを引出せていなかった事を、気付かされる日々です。・・

|

« 洗浄時のレコードスタンド・・・ | トップページ | メータ/マラー交響曲第3番二短調 »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/63481169

この記事へのトラックバック一覧です: 戯言・・・:

« 洗浄時のレコードスタンド・・・ | トップページ | メータ/マラー交響曲第3番二短調 »