« VHS終了? | トップページ | 少し不思議・・・ »

No248風(1)・・・

いまだにNo248の回路をTrで組みたいとLTSpiceで試行錯誤しています。

単純に真空管をTrやFETに置き換えただけでは駄目でしたが、

No218の回路とNo248の回路を組み合わせてみると、動作しそうな感じにはなりました。

*図はクリックで拡大表示します。

No248
No248_web

入力: ±4mV 1KHzの正弦波の出力波形(±1.8V位の出力です)

電源変動には弱そうで、

電源電圧 ±15V ~ ±24V位の間でないと上図の様な波形になりません。

No248_web_2

下図No218風の波形と比較すると、

No218_ico
No218_web_2

40Hz以下の波形が違うのと全体のゲインが少し低い様です。

後一歩、工夫が必要でしょうか (^^;)・・・

|

« VHS終了? | トップページ | 少し不思議・・・ »

金田式DCアンプ」カテゴリの記事

コメント

えふ さん
お久しぶりです。
>kontonさんのところでは、・・・
私も毎日チェックは、していたのですがいよいよですね。
(私の環境だけかもしれませんが.Macでは更新がみれますがWindowsでは更新が見れません??)
私も是非試してみたいです。
えふ さんは真空管ですか・・・
「革命的」音が聴けると良いですね(^^;)

投稿: LA4 | 2016年7月27日 (水) 16時27分

ご無沙汰しています。

kontonさんのところでは、解析の第一報がでましたね。
いずれにしても、当方の場合は作るとしたらそのままの真空管式となると思います。一体何台作れば気が済むのという感じですが(^^;

投稿: えふ | 2016年7月27日 (水) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No248風(1)・・・:

« VHS終了? | トップページ | 少し不思議・・・ »