« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

シンプルWM-61A DCマイク (2)

電源電圧±4.8Vで占うと・・・

Wm61_kkome48sk
Wm61_kkome48w1

Wm61_kkome48w2
入力 1KHz ±70mVで出力±2Vとなりました。

±5Vのレギュレータ回路を使って、

電源を安定させれば使えるかもしれません。・・・

追記

・ AOC無

Wm61_kkome48sk_2

Wm61_kkome48w1_1_3

Wm61_kkome48sk_2_2
先ずはAOC無のこちらで試して、オフセットの変動が激しい様で有れば、AOC付きで試すと言う順番でしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンプルWM-61A DCマイク (1)

さらに、WM-61ADCマイクをBGA、AOC無で占ってみました。

Ws000517_r

Ws000518_r
Ws000519_r

入力電圧を1mV~100mV位まで上げてみましたが、

さすがに100mVではマイナス側がつぶれた波形になりましたので、

入力 70mV位(出力±3V)までが限界の様でした。

使い物になるかどうか、後は実際に作って試してみるしか有りません。・・・

*図はクリックで拡大表示します

追記

AOC有りもBGA無で占ってみました。

Ws000524_r
Ws000525_r

Ws000526_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kontonさんの掲示板にて・・・

kontonさんの掲示板でkkomeさんのアイディアをkontonさんがシミュレーションして解説なされていらっしゃいます。

ttp://www7b.biglobe.ne.jp/~konton/KentBBS/Jd7Qoq4.cgi?no=2331&reno=2330&oya=2316&mode=msgview&page=0

ttp://www7b.biglobe.ne.jp/~konton/No-248%20kkome%20san.htm

試してみたくなるシンプルな回路です。

直入さんがコメントされていた「DCマイクにも・・・」も興味がわいてきます。

・ イコライザアンプ

Konton_pre_sk_18v_2_3
Konton_pre_web_18v_2
・WM61A_DCマイク

Wm_61_kkome_8v_2

Wm_61_kkome_we10m_2
* AOCの1Ωは電流測定用に便宜上入れただけです

電源変動には弱そうなのでレギュレータは必須となりますね。

まだ、何となく動きそうかなという程度しか理解できていませんが、正常に動作する様で有れば面白そうです。・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

kontonさん風No248 (3) ・・・

シンプルAOC 電源電圧±7.2Vで、ピークをなるべく低い周波数にもって行こうとしたら、

下図の様な感じになりました。

実際に試した場合、

AOCのコンデンサの容量に、4.7μFの様な大きな物を使ったら、

反応が遅くなりそうな気がします。・・・

Konton_pre_web_sk_7
Konton_pre_web_w_7
Konton_pre_web_s_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2SK3372

ECM マイクユニットWM-61Aに、

内蔵されているFETが、2SK3372 らしいのですが、

SPice modeleが見つかりましたので、

何かあった時の為に残して置きます。

.model 2SK3372 NJF( Beta=2m Rs=210 Rd=380 Betatce=-.5 Lambda=395m
+ Vto=-0.4 Vtotc=-2.5m Cgd=1p M=.3333 Pb=1 Fc=.5 Cgs=1p Isr=1p
+ Nr=2 Is=100f N=1 Xti=3 Alpha=10u Vk=100 Kf=1E-18 Af=1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中々見つかりません・・・

kontonさん式No248を作るべく下駄基盤にPMBF J620を半田付けし始めましたが、

老眼の身には、拡大鏡を使いながらでも中々難しく進みません。(^^;)

ネットでPMBF J620と同じようなJFET N-CH 2CHの石を検索してみるのですが、

中々ヒットしません。

ソース共通の5ピンタイプは何個かヒットしますが6ピンタイプは皆無です。

こんな事なら在庫のある内にPMBF J620をもう少し購入しておくべきでした。

今となては後の祭りで、数少ない手持ちを有効使用するしか有りません。・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

kontonさん風No248 (2) ・・・

イコライザアンプ部と現在使用中のkontonさん風Power IVCの組み合わせて、

動作する物なのかLTspiceで占ってみました。


・ イコライザアンプと接続

Konton_pre_pivc

・イコライザ部Konton_pre_2

・Power IVC部Konton_ivc_2_2

・ イコライザ 入力1mV 1kHz  Power IVC VR 10KΩ 8Ω負荷

Konton_pre_web

* 立ち上がり10ms位で安定する様です。

Konton_pre_pivc_web2

* 超高域での位相に不安が有りそうな(汗・・・

後は実際に作ってみるしか有りませんが、

Konton_pre_s2_2

Konton_pre_p

こう暑くては時間がかかりそうですね。(汗 ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kontonさん風No248 (1) ・・・

チップTrを使うとすれば・・・

Ws000510_r_2
Ws000512_r

Ws000508_r
Ws000509_r

基本的には、こんな感じでしょうか。・・・

所で、HN3A51F、HN3C51FはDigikeyでも在庫無しの様です。

昨年辺りに製造中止品で有る事は情報で知っていましたが、いよいよ入手不可の状態になった様です。

ベース共通の5ピンタイプのHN4A51、HN4C51は未だ在庫が有る様ですが、

自作Trアンプ派にとっては段々部品の入手が難しくなってきますね。

* 図はクリックで拡大表示します

*konntonさんの回路そのままなのでタイトルを改めました。

追記

有り難い事にkontonさんが、

SEコンデンサを使いまわせる容量の回路を、

追加なさっていらっしゃいましたので図を入れ替えました。

* 8/10 ジャンパー配線が一所で済む様にパターン図修正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No248風(3) ・・・

kontonさんの回路でAOCをシンプルタイプにして占ってみました。

Konton_pre_web_s_3_2
Konton_pre_web_3_2
3mHz以下が15dBも有るのでちょっと厳しそうです。

下図は一段差動AOC

Konton_pre_web_s_5
Konton_pre_web_5

10μHZ -20dBまで落ちています。

電源電圧±18Vならシングルタイプでも低域がー3db位まで落ちています。

Konton_pre_web_s_2

Konton_pre_web_2

*画像はクリックで拡大表示します。

私は電源ユニットの関係で±8Vでの駆動が希望ですので、

シンプルAOCタイプは無理の様です(汗 ・・・

追記

kontonさんの更新記録に日付が入り完成され様です。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~konton/No-248.htm

音の評価も良好の様で、私も追試したくなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »