« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

懐かしさでハマってしまいました・・・

私の中では選択にない歌手で初めて名前を知りました。

ところが、知り合いに聴かされてハマってしまいました。(^^;)

スナックJUJU 〜夜のRequest〜

丁度1980年代頃のカバーなのですが、

若い頃に流行った曲ばかりですので、運転しながら口ずさんでしまいます。

最近は家で飲むだけですが、

当時は、飲み屋さんにも時々行っていました。

このCDを聴いていると、ノスタルジックに心に響いてしまいました。

それまでは車の中でも、Jazzやクラッシクを聴いていましたが、

リピートして聴いてしまう程ハマってしまっています。・・・

(当時の状況を思い出して、懐かしんでいるだけだとは思いますけれど・・・

年を取ったと言う事なのでしょう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone 6 Plus 分解

地元の電気屋さんに、こんな物が売っていたので購入してみました。

Img_0558_r
携帯電話の分解ツールです。

早速、水没させてしまったiPhone 6 Plusで試してみました。

Img_0561_r
思っていたよりは、意外とあっさり分解できました。
Img_0559_r
写真上部の、

液晶パネルなどと接続して有るコネクタ部が、結構損傷している様で、

チップ抵抗やチップTrと思われる部品が、真っ黒焦げになっていました。

これでは修理に出しても本体交換となり、かなり高額な修理代だったでしょうね。

何時頃になるかは判りませんが、

ツール自体は、今回購入したiPhon7のバッテリー交換を、

自分でやる時には、役立つかも知れません。・・・



| | コメント (0) | トラックバック (0)

流用できそうな気が(2)・・・

DP-3000とDP-6000のモーター配線を図面で比べてみると

・ DP-3000

Dp3000_m

・ DP-6000

Dp6000_m
DP-6000の方には、電磁ブレーキ用と思われる配線が有りますが、

それを除けば、モーターへの配線は、

同じ色のケーブル(白、オレンジ、黄色)の様です。

進相用コンデンサの容量は、微妙に違っていますので検討が必要です。

プラッタの磁気パルスは、同じ1000なのでFGの定数は変更無で済みます。

記事の中に

「回転時のドライブ電圧は20Vp程で有り・・・」

と有りますので、立ち上がりの時間を気にしない事にすれば、

記事の様に+170V、-145Vと言う高い電圧で無く、

±35V位(70Vp)の電源で動作してくれない物かと、淡い期待を抱いています。

(最悪、手動で起動させるとか(汗)

そうすれば、手持ちトランスを流用出来そうなんですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Intensity Pro 4K(2)

ようやく、希望の状態でキャプチャ出来るようになりました。

これまで、普通のHDDに保存しようとしていたのですが、

入力、出力ともに「NTSC」設定でないと、

書き込みが間に合わず、

「NTSC」以外のSDやHD設定にすると、

数分から10分位で、フリーズしてしまい駄目でした。

本日、「CFD CSSD-S6T240NMG1Q」と言うSSDを購入して、

マザーボードへの接続先も、何時もと違うコネクタに接続してみると、

インポート:SD to HD 

ビデオフォーマット:1080i 59.94 SD

で、

1時間以上、問題無くLD画像をキャプチャしてくれました。

Ws000618_r
Ws000619_r
Ws000620_r
これで、心置きなくLDのDVD化が実施できそうです。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流用できそうな気が・・・

MJ 12月号のNo250 「DP-3000ターンテーブル制御アンプ」の記事を拝見してから、

DP-3000とDP-6000の回路図を眺めつつ、

妄想に浸っています。

眺めていると、

何と無く流用できそうに思えてきました。

どの道、手持ちのDP-6000は、

高速回転する様になって、放置してから20年近くなりますし、

購入してから30年以上なりますので、どう料理しても惜しくは有りません。(^^;)

試すなら電源ユニットのみ外部接続として、スイッチなどは、そのまま流用したいです。

SP-10のスイッチのON/OFFは、単行本の記事を読んで変更済みですが、

回転数切り替えも、追加で試したくなりました。・・・

話は変わりますが、

いつも行っている書店で、

Deagostin 「JAZZ LP RECORD COLLECTION No1」が、

51cxmdjlfcl__sy498_bo1204203200__r

数冊残っており、ネットでの評判が良くて気になっていたのと、

「まあ990円だし」と、購入してみました。

帰宅後、早速何も考えずレコードに針を下してみると、

「なんじゃこりゃ!」状態で散々です。

音が、もごもごして聴くに堪えません。・・・

そのまま聴き続けていると、最初の衝撃は薄れて、

それなりに、綺麗な音と感じる様にはなりました。

アンプが壊れたのか?と、

続けて

Img_0557_r
を聴いてみると、

何時もの様に心地良い響きです。

後日、

「水の激落ちくん」、「超音波洗浄」、「バキューム吸引」

して再生してみると、まずまずの再生音ですが、

「綺麗な音だけど死んだ音」に感じました。

そつ無く演奏していて、熱気が感じられません。

何でだろうと考えると、音が平面的なのです。

クリアな音だけど、奥行きが無くスピーカーから音が聴こえます。

デジタルリマスターだと、聞いた事も影響しているのかも知れません。

これならCDの方が、まだ音に躍動感を感じたような気がします。

デジタルリマスターなら、わざわざ再度アナログに変換して、

レコードで出さなくても、デジタルのままCDで出してくれれば良いのではないでしょうか・・

*あくまでも個人的な感想なので、全くあてになりません

*感想は聴く人それぞれだと思います(^^;)・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じ様に・・・

次期アメリカ大統領がトランプ氏とは・・・日本にとってはどうなる事やらです。・・・

そんな事とは全く関係ありませんが、モチベーションが下がってしまい、

イコライザアンプ基盤作りが全く進んでいません。(^^;)

そんな所に、私のブログを見て試してみたいと、

何回かメールのやり取りをした千葉のFさんから、

チップTr使用SiC MOS FETドライブPower IVCの写真を頂きました

「うまく動作して、まずまず満足な音ですよ」と、

ご連絡を頂きました。

私だけの自己満足では無かったと、うれしくなりました。

私の、いい加減な作りとは違って、

綺麗に作られていらっしゃいます。

Dscf1517
私と同じように、音に艶っぽさを感じられると仰って頂きました。

自分と同じように感じて頂けるのは、うれしい物ですね。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone7とN-WGNオーディオ

N-WGONに乗せて有るGatheys(VXM-145C)で、

iPhone7とペアリングをして、音楽を聴いてみました。

iPhone6 Plusと比べると、

明らかに音を悪く感じます。

高域が、ざらついた感じで、ボーカルが薄っぺらく感じます。

音全体が平面的で、

iPhone6 Plusで感じていた、奥行感が感じられません。

車で聴くのですから、

そんなに神経質にならなくても、

とは思いますが。

iPhone6 Plusとの組み合わせの音に、

慣れていただけに、少し気になって音楽を楽しめません。

エージングで良くなるのでしょうか?

本当に、油断するのではなかったと、

後悔しきりです。(汗・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

予期せぬiPhon7購入・・・

今日は早出の仕事でした。

昨日、仕事場で帰り間際になって、貯水槽の調子が悪くなり、

満水検知不良で、オーバーフローした水がダダ漏れ状態でした。

本日、業者さんに来てもらい、

説明の為、タンクの蓋を開けて覗いていると、

「ポチャリ!!」・・・

作業着のポケットから落ちて、

iPhen6 Plusは、あえなくタンクの底へ・・・

分割支払いが、終わったばかりで、

あと一年は我慢して、iPhone8を検討していただけにショックでした。

本体は、悪戦苦闘して何とか引き上げましたが、使えるはずも無く諦めです。

携帯が無いと不便なので、休憩時間にauショップに走り聴いてみると、

修理代金は結構かかるとの事です。

やむなく Plusでなく、少し安いiPhon7を購入してしました。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »