« 楽しみ・・・ | トップページ | nifty売却? »

MJ 2017/02月号

本日、MJ 2017/02月号を入手してきました。

Mj201702_2

早速、「No251ダブルアーム対応超多機能プリアンプ[前編]」に目を通します。

イコライザーIVCがカレントラインアンプの様な回路になっている事と、

気になっていたミキシングIVCの回路は完対アンプでした。

(電流伝送ミキシングアンプに関しては、記憶に有りましたので見直したら、単行本のカレントラインアンプやPowerIVCの記事に書かれていました)

記事でミキシングアンプに関して(抜粋)

「本IVCを通して出力した・・・信号経路最短主義を覆す・・・」

「本機の様な強力な・・・・より活動的な音楽再現が出来る事が判明した。」

等の記述が有ります。

個人的には、今まで「信号経路は最短で」が教義だったと思っていますので、

今回のようなイコライザIVC + ラインアンプ + ミキシングアンプの三段と言うのは、

腑に落ちない気持ちが沸いてしまいます。(^^;)

今までプリアンプの出力段に、SiC MOS FETを使われた事は無かったように思います。

それが、功をそうしたと言う事なのでしょうか。

そうで有るならば、作り始めたkontonさん方式(出力段SiC MOS FET)のイコライザーIVCを、

早急に完成させて、音を聴いてみたいです。・・・

Konton_ico_sic_s_2
Ws000663
* 図はクリックで拡大憑依します。

|

« 楽しみ・・・ | トップページ | nifty売却? »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/64754885

この記事へのトラックバック一覧です: MJ 2017/02月号:

« 楽しみ・・・ | トップページ | nifty売却? »