« 金田式 No.220 DAC 電源改修(2) ・・・ | トップページ | 幸福感に包まれて・・・ »

組曲「展覧会の絵」

ムソルグスキー~ラヴェル編

組曲「展覧会の絵」1979年

レコード:20AC1569

CD:35DC43

Img_0667_r
ようやくCDの音がレコードを超えました。

* この楽曲のみでの感想です。

各楽器の定位が素晴らしかったです。

低域から高域までバランスが良く、一点の曇りも有りません。

まるで、コンサートホールで聴いているような、錯覚に陥りました。

最後まで、じっくり堪能してから、配線をイコライザーアンプに接続を替えて、

レコード試聴です。

音色は負けていませんが、満足な音を聴いた後だと、

高域に粗さを感じたのと「プチッ」ノイズに興ざめしてしまいました。

又、CDへと配線を替えて、

「BLUE NOTE Best jazz collection 1 MILES DAVIS」

の一曲目Autumn Leavesを聴きましたが、これも中々良くて、

目の前で演奏してくれている様な、楽しい一時でした。

それではと、

LA4「GOING HOME」32JD-10043

を試しましたが、音が出てすぐ

「ダイレクトカッティングには、及ばないか・・・」

記憶の中の音で、比較すると、

そんな感想を抱いてしまい、すぐに止めました。

機会を作って、後日試してみます。

今日の所は、レコードよりCDの方が良い物も有る、

と言う事で、ダイオード交換の成果を確認できましたので、

満足しています。・・・

|

« 金田式 No.220 DAC 電源改修(2) ・・・ | トップページ | 幸福感に包まれて・・・ »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/65086379

この記事へのトラックバック一覧です: 組曲「展覧会の絵」:

« 金田式 No.220 DAC 電源改修(2) ・・・ | トップページ | 幸福感に包まれて・・・ »