« 久しぶりにMR-2000S | トップページ | 無題 ・・・ »

ADCも試す・・・

DACとADCは同時に使う事は無いだろうと、

一台の電源ユニットを共有しています。

レギュレータのダイオードを交換してから、

初めてレコードのデジタル化です。

MR-2000Sに同軸ケーブルで接続して

「PAULMAURIAT POPS HITS ANTHOLGY LOVE SOUNDS HITS」FD7104 ~6 1976年

の一枚目のA面をデジタル化しました。

収録後MR-2000SよりHDDを取り出し、

新たに購入した2.5インチ用のHDD - USB変換ケーブルでPCと接続

Img_0683_r


Img_0685_r


Img_0686_r


Img_0684_r

以前は左の変換装置を使っていましたが、

電源アダプターが必要で、そのコネクターの接触が悪くなってきて、

HDDを認識出来ない事例が発生してきていました。

新たに購入した物は、バスパワーで利用できると書かれていましたので、

物は試しで購入してみました。

試してみると、あっさりと認識してくれて、気のせいか反応も早い様に感じます。

データを「Audacity」で編集してから、MR-2000SにHDDを戻して、

メインシステムで試聴です。

同じ曲で比較した訳では有りませんが、

以前デジタル化した、ポールモーリアの45回転LPの音と比較すると、

明らかに音のエネルギー感が勝っており、

低域の量感や高域の伸びも違う様です。

特に四曲目「シバの女王」以降は、

水の激落ちくん洗浄バキューム吸引の効果なのか、

プチノイズ一つ無く、バイオリンの艶っぽさと透明感が素晴らしく思えました。

ダイレクトカッティング物で比較すれば、さらに差が有るのかも知れません。

ADCでも、

電源レギュレータのツェナーダイオード交換の、効果が有る様です。・・・

|

« 久しぶりにMR-2000S | トップページ | 無題 ・・・ »

ADC(アナログデジタルコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/65190045

この記事へのトラックバック一覧です: ADCも試す・・・:

« 久しぶりにMR-2000S | トップページ | 無題 ・・・ »