« スターウォーズ組曲比較 ・・・ | トップページ | ADCも試す・・・ »

久しぶりにMR-2000S

久しぶりにMR-2000Sに火を入れて、音出ししてみました。

Img_0683_r
MR-2000SのHDDに残して有る,

レコードのデジタル化音源を聴きました。

日付を見ると2015年と有りますので、二年前の音源です。

聴いてビックリしました。

低域が豊かで、高域も澄み渡っています。

奥行き感も有り、定位もしっかりしています。

以前は、

聴き取る事の出来なかった音まで聴こえてきました。

心持、音が滑らかで、しっとりとしているように感じます。

データとしては、しっかり記録されていたのに、

以前のDAC電源では再現できなかったのですね。

ダイオード交換で、

二年間、掘り起こせなかった情報が掘り起こされて、解放された様です。

二時間程じっくりと聴いてから、配線をCDにつなぎかえて試聴してみると、

耳が96K/24bitの音に慣れたせいなのか、スケール感を小さく感じ、

高域も、少しきつい様に感じてしまいます。

昨日まではCDで十分と思っていました。

読み取り装置が、一方はCDドライブ、かたやHDDと違いますので、

一概には言えませんが、

しかし、こうしてハイレゾの音を聴いて比較すると、

CDの音は、ハイレゾよりは荒い音ですね。

次の休みには、現在の電源を使って、

再度、ADCでデジタル化して比較してみたいと思います。・・・

|

« スターウォーズ組曲比較 ・・・ | トップページ | ADCも試す・・・ »

その他独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/65158179

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにMR-2000S:

« スターウォーズ組曲比較 ・・・ | トップページ | ADCも試す・・・ »