« 幸福感に包まれて・・・ | トップページ | 10年ぶりの博多・・・ »

「GOING HOME」THE L.A.FOUR

THE L.A.FOURの「GOING HOME」を聴き比べました。

Img_0670_r

CD : 32JD-10043

LP : EW-1004

まずCDをじっくりと腰を落ち着けて全曲聴きました。

次にLPに針を下しててみると、

* CDとの比較になります

ほんの僅かに、寂しい感じです。

「何かな?」と考えるとベースの音量が違います。

CDの方はかなり量感豊かに響いていましたが、LPは少し小さめです。

この辺は、CD化の時編集しているのかも知れません。

もう一点、本当に僅かなのですが、スピーカーから音が出ている様です。

CD再生では、スピーカーの存在は消えていましたが、比較すると微妙にスピーカーに張り付いている様に感じました。

本当に微妙な差ながら、ダイレクト・カッティングのLPがCDに負けてしまったようです。

CDでは、その生々しく実在感の有る音に驚愕しました。

かなり以前に比較した時、このCDはレコードの足元にも及ばなかったと思います。

それが、微妙な差とは言え越えてきました。

ベースの量感以外は、ほとんど解らない位の僅かな差でしかありません。

CDも、CDプレイヤーやDACも、当時と同じで変更は有りません。

変わったのは、ただ一点、

電源レギュレーターの、ツェーナーダイオードの変更のみです。

記憶の中の音が、美化されていた事だけは間違い無い様です。(^^;) 

DCマイクアンプでの予期せぬツェナーダーオードの使用から、

CDの音とダイレクトカッティングレコードの音が、

肩を並べる日が来ようとは、夢にも思いませんでした。

より良い音を求めての、SACDで有り、ハイレゾだったはずですが、

この音を聴いてしまうと、CDで問題無い様な気がします。

再びレコードの音を上に感じるためには、次は何をすべきでしょうか。

DP-6000かDP-80の、DCアンプ駆動化を試してみたくなりました。・・・

|

« 幸福感に包まれて・・・ | トップページ | 10年ぶりの博多・・・ »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534123/65093169

この記事へのトラックバック一覧です: 「GOING HOME」THE L.A.FOUR:

« 幸福感に包まれて・・・ | トップページ | 10年ぶりの博多・・・ »