« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

XMOS XU208 (foobar2000 Mobile)

「foobar 2000」の mbile バージョンが出ていました。

Ws000713_r

早速「AppStore」でiOS版をダウンロードして聴いてみました。

Ws000719_r

あっさりと「xCORE USB Audio 2.0」で動作してくれました。

Ws000715_r
「Resampler」で最高96Kまでリサンプリングを選択できました。

Ws000718

「iAudioGate」と遜色ない音質の様に感じます。

*下図は「iAudioGate」のスキン

Ws000720操作性では、「iAudioGate」の方が好みでは有ります。
Ws000721
聴く楽曲によっては、好みが別れる部分も感じましたが、

無料のアプリで、この音質なら「foobar2000 Mobile」も賢い選択ではないでしょうか。

USBオーディオは、食わず嫌いしていましたが、

すっかり、はまってしまいました。(^-^; ・・・




| | コメント (0) | トラックバック (0)

XMOS XU208 (6) 

ver1の基盤を聴いてみました。
半田付けしたばかりでエージングが足りないせいか、
ver2の基盤の音と比べると、明らかに音が違います。
ちょっと帯域が狭く、つまらない音に感じてしまいます。
エージングで音は変わってゆくのでしょうが、
Vol2が満足させてくれる音なので、
エージングに時間をかける気が起きません。・・・
再生アプリで、もう一つ、
無償のNePLAYERLite」も試してみましたが、
「iAudioGate」アプリの音を超えるものでは無い様に感じます。・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

XMOS XU208 (5) 再生アプリ

最初、 ONNKYO 「HF Player」で試聴していましたが、
KORG 「iAudio Gate」も試してみたら使えましたので、比較してみました。
私の環境では、どうやら 「iAudio Gate」の方が良い様に感じます。
比較すると 「HF Player」では、僅かでは有りますが、
音が軽く平面的な様に感じてしまいました。
しばらく「iAudio Gate」を使って聴いてみたいと思います。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XMOS XU208 (4) iPad mini 4 ・・・

ひょっとしてと思い、XMOS XU208 基板への+5V電源配線を外して、

S/PDIF配線のみにしてました。

そうしたら、「Lightning to USB 3 Camera Adapter」+外部電源にて、

正常に動作する様になりました。

Img_0748_r_5Img_0749_r_2
Img_0747_r_3

心なしか、iPhone7使用より音が良い様に感じます。

いまの所、音に不満感じる事も無く、

選曲等の操作性も抜群なので、

私のデジタル再生においては、

この方式が主流を占めそうな気がします。・・・



| | コメント (0) | トラックバック (0)

XMOS XU208 (3) iPhone7・・・

試してみたい欲求には抗えず、

昨日、仕事帰りに車を走らせて、

Appleショップへ行き、購入して来ました。

「iPhone7で、動作するだろうか?」と言う妄想が浮かんでしまい、

気もそぞろとなってしまい、購入した次第です。

Img_0739_r
・「Lightning to USB Camera Adapter」

・「Lightning to USB 3 Camera Adapter」

です。

「Lightning to USB Camera Adapter」だけでは、動作するかどうか心もとなかったので、

両方購入して来ました。

結果を先に述べますと、

「Lightning to USB 3 Camera Adapter」では、動作する事が出来ました。

(外部電源も使用)

Img_0002_r

「Lightning to USB Camera Adapter」では

「デヴァイスの消費電流が大きすぎます」とメッセージがでてしまい、

うまく動作しませんでした。

もっとも「Lightning to USB 3 Camera Adapter」でも、

すんなりと動作した訳では無く、

動作させる順番が有り、

DACの電源は入れずに先にiPhoneに Adapterを接続して、

Xmos XU208のUSBコネクタに接続し、

それからDACの電源を入れると言う手順で、

正常動作しました。

試したアプリは「ONKYO HF Player」です。

ハイレゾ用のプラグインは有料でしたが、それも購入して入れました。

正常に認識すると「xCORE USB AUDIO 2.0」を、

出力として選択できるようになりますので、

選択して再生すると、音が出てくれるようになりました。

ついでにiPAD mini4でも試してみましたが、

こちらはどうも上手くありませんでした。

認識の動作が不安定で、認識はする物の、

再生しようとすると、認識しなくなっていて音が出ませんでした。

最新のiPADなら、動作するのかもしれませんね。(^-^;

「ONKYO HF Player」はプラグインを入れれば、

アップサンプリングもしてくれますので、

通勤に使っている、N-WAGNのオーディオが、

ハイレゾ対応でないため、iPhone7には44Kで収録していますが、

家庭ではアップサンプリングして聴く事が出来ますので、大変便利になりそうです。

xMOS UX208基盤を正式にDACに組み込まなければいけなくなりました。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XMOS XU208 (2) MacBook・・・

MacBookを使用して、基板の動作確認をしてみました。

Img_0732_r
設定の

「サウンド」を開いて

「xCORE USB Audio 2.0」選択すると、

あっさりと音が出てくれました。

Img_0730_r

Img_0731_r
取りあえずiTuneに入れて有る曲を聴いてみると、

バスパワーでは今一つでしたのが、

金田式DACのレギュレータより、

+5Vを供給して聴いてみると、

悪くは有りません。

今日の所は、お試しなので、

「動作してくれて、音も悪くない」

と言う事を、確認出来た所で良しとします。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »