« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

WM-61A + No.257

No.257のイコライザー素子をVRに変更して、

カートリッジDL-103の替りに、WM-61Aを使うマイク回路としても、

基本的には動作しそうな感じです。・・・

Ws000725_r

Ws000726_r

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無題・・・

No257イコライザーアンプの回路と、

現在使用中のkontonさん方式のイコライザー回路を見比べてみました。

No.257

Ws000724
kontonさん方式

Ws000722
Ws000723* 図はクリックで拡大表示します。

No257も、電源をAC駆動で、電圧を±18V位にして、

チップTrやSiCMOS FETを使えば、面白そうな気はします。

kontonさん方式は、作って一年近くなりますが、

不満無く聴いていますので、実際にNo257を試す事は無さそうです。(^^;)・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

foobar 2000 Mobile vs iAudio Gate

今日は、先日仕事で知り合ったHさんが我が家に来られて、
半日の間、充実した試聴会となりました。
XMOS XU208 ver2 + iPad mini4に、

収録した音源(ジャズとクラッシック)を、
iAudio Gateとfoobar 2000 Mobileの、

二つのアプリを切り替えながら比較試聴してみました。
Hさんは、ご自分で趣味でヴァイオリンを弾かれる方で、
仕事でお宅を訪問したおり、
練習されており「やはり生の音は良いですね」と声をかけたのが始まりで、
オーディオ談義が弾み、今回二度目の我が家への訪問となりました。
何曲か聴かれながら、自分では自己満足していた音に的確なアドヴァイスを頂き、
大まかでは有りますが、
クラッシクなら「foobar 2000 Mobile」
Jazzなら「iAudio Gate」
となりました。
iAudio Gateで聴くクラッシクはホール感が表現できていなくて、
細かいビブラートの音が再現出来ていないとの事、
実際のコンサートホールの音に近いのは「foobar 2000 Mobile」の方との事でした。
逆にJazzでは「foobar 2000 Mobile」では躍動感が乏しく
「iAudio Gate」の方が歯切れよく躍動感が有るように聴こえます。・・・
じっくりと三時間近く、ソフトを切り替えながら聴き比べていると、
あっという間に時が進んでしまい、
「用事が有るので、又聴かせて下さい。」
とお帰りになりました。
やはり、他の方に聴いていただくと、
自己満足して気づかなかった事に、
新しい視点が見てきたりして、有意義なひと時を過ごせました。
Hさん、
本日は、ありがとうございました。
私の現在の環境ではクラッシクは「foobar 2000 Mobile」
Jazzは「iAudio Gate」を使って聴くのがベストの様です。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »