« marantz NA7004(2) | トップページ | ES9038Q2M (2) »

ES9038Q2M (1)

 ca3080さんのブログ

「通電してみんべ」

を拝見して興味が沸き

ES9038Q2M基盤を購入してしまいました。

71plveiic2l__sy450_

Img_0062_r

  Img_0063_r  

念のため2枚購入しました。

同じく、電定電圧回路の記事も参考にして

Ws000746_20190630172301

+15Vのレギュレータを(LTSpice上ではで動作しそうです)、

オンセミのツェナーダーオード 1SMB 、

SiC MOSFET CREE CMF10120を使って作り、

試してみたいと思います。

上手く動作したら、1枚はコンデンサの交換などの改造して、

オリジナルとの比較などもしてみます。・・・

|

« marantz NA7004(2) | トップページ | ES9038Q2M (2) »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
>メタキャンはモールドで固められていないから良い
ロームが開発中のDACの記事では、エポキシが硬化した時の歪の影響を考慮したと言った記述がありました。
シールドで変化が感じられたのはJFETや電圧比較用のトランジスタの部分の電圧ゲインがとても高いのも関係あるんじゃないかと思っています。

ESSだとDACの基準電圧が3.3Vなので1SMBが使い難いのですが、通電してみんべさんの記事のようにTLC431を使う場合は、データシートではONセミのものがノイズ少なかったです。

投稿: S | 2019年7月 3日 (水) 20時26分

Sさん
こんばんわ
>モールドでも銅箔テープのなんちゃって・・・
変化は有る様に思いますが、金田先生の記事で、うる覚えでは有りますがメタキャンはモールドで固められていないから良い・・・と有った様な気が(^^;)
>通電してみんべさんの・・・
本当に試してみたくてうずうずしています。・・・

投稿: LA4 | 2019年7月 2日 (火) 21時40分

今晩は。
先日コメントした後、aitendoに注文していたJFETや、オークションで落札したメタル缶のPNPトランジスタが届いたりして、電源での音の違いを比べたりしていました。

一度LEDの音も試してみたくて1SMBと交換してみたのですが、音が霞んだようになって音の張りも無くなってしまいました。
LEDを使うのは初めてだったので音が良い物でなかったり配線ミスで大電流が流れた時に劣化していた可能性もありますが、改めて1MSBの音の素晴らしさが実感できました。

JFETなのですが、通電してみんべさんの電源でも結構音の変化があるようです。
個人的には2SK117より2SK30の方が音の響きがあると思いました。
その代わり、シミュレーションでは2SK30は定電流特性になるVDSが1V位余計に必要みたいで、その分ドロップ電圧が必要になるようです。
ほかのFETとしては、耐圧が30Vになってしまいますが、特に2SK168が奥行き感があって空間的な表現力が高いと感じました。
耐圧が低いので2段レギュレータやDCDCなどで定電圧化した方が使いやすいですが、DACのAVCC等で使うとより1SMBの魅力を引き出してくれると思います。

メタル缶のトランジスタも音の響きが良くなったりするみたいです。
思い付きでJFETのパッケージを銅箔テープでシールドしてみたのですが、微細な残響がノイズに埋もれなくなるせいか、音の響きがわずかに良くなるような気がします。

2SC959のことを調べてたらこちらのブログの更新を知ったのですが、2SC959と2SD414は中のチップが同じらしいです。
https://blog123.hatenablog.jp/entry/20071109/1194585827
モールドでも銅箔テープのなんちゃってメタル缶化で音が変わるでしょうか?

投稿: S | 2019年7月 1日 (月) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« marantz NA7004(2) | トップページ | ES9038Q2M (2) »