« ES9038Q2M (2) | トップページ | ES9038Q2M (4) »

ES9038Q2M (3)

OPアンプ廻りのコンデンサを、いただき物のチップタイプコンデンサと交換しました。

Img_0074_r

早速ER-4Sで試聴してみると、低域の量感が増し高域のキツサが和らぎ、

楽器の数も増えた様に感じました。

無音の時のライン出力を、テスタで測定すると10mV位のオフセットが出ています。

後、電源ON / OFFで数Vのオフセットも瞬間出ている様です。

(数秒で落ち着きますの電源入り切りの順番さえ間違え気を付ければ良いとは思いますが)

PowerIVCに接続するには、注意が必要かもしれません。・・・

追記

私の測定ミスで翌日測定し直したら、1mV位で、電源入り切りのオフセットも100mV位でした。

 

 

 

|

« ES9038Q2M (2) | トップページ | ES9038Q2M (4) »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

直入さん
こんばんわ。
>アナログ回路を金田式に改変出来ませんか?
私もゆくゆくは、金田式に変更したいと思っていますが、知識が乏しいので何時になる事やらです。(^^;)

投稿: LA4 | 2019年7月 4日 (木) 23時51分

アナログ回路を金田式に改変出来ませんか?

投稿: 直入 | 2019年7月 4日 (木) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ES9038Q2M (2) | トップページ | ES9038Q2M (4) »