« ES9038Q2M (8) | トップページ | ベンチャーズ オン ステージ `74 »

ES9038Q2M (8)・・・試聴

電源を±にしただけなのですが、かなり印象が変わりました。

第一に、ゲインがかなり大きくなった様です。

音が出るまで無音(ヒスノイズ等のノイズは一切聴こえません)なので、

以前のつもりで、うっかりボリュームを上げると、爆音でした。

各楽器の分離も良く、以前埋もれて聴こえなかった音も、聴こえてきます。

ボーカルも以前にも増して立体感が出て来ました。

30分くらい聴いて、レコード再生へと切り替えましたが、

甲乙つけがたいです。

もちろん、アナログとデジタルで、出て来る音の傾向に違いは有りますが、

どちらも不満有りません。

ただ、爆音も出せるデジタルに比べると、アナログではゲインが少し低いかもしれません。

小さいと言っても、パワー感が無いと言う事では有りません。

たんに、大きな音が出せないと言うだけです。

レギュレータ一つで、ここまで音が変化するのは面白いですね。・・・

 

 

|

« ES9038Q2M (8) | トップページ | ベンチャーズ オン ステージ `74 »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ES9038Q2M (8) | トップページ | ベンチャーズ オン ステージ `74 »