« ES9038Q2M (5) | トップページ | ES9038Q2M (6) ・・・試聴・・・ »

ES9038Q2M (5)の2

昨日僅かに感じた高域の粗さは「 S 」さんからコメント頂いた通り、

ダイオード1SMB5・・・に流す電流が少ないのではないかと思い、

測定すると8mA位しか流れていませんでした。

そこで抵抗値を82Ωから39Ωへ変更して、ついでに新規に作ったレギュレータに、

Ws000751_r

もう一個3.9Vのツエナーを追加して出力を測定すると10.8V位になり、

ダイオードに流れる電流値も18mA位でした。

* LTSpice上では12.4Vですが実際は10.8V位でした

3.3VレギュレータのCMF1020の発熱も幾分少なくなりました。

そこでER-4Sで試聴すると、高域の粗さもほぼ解消された様です。

後は、オンケンで試聴したら、どの様に感じるのでしょうか(^^;)・・・

 

|

« ES9038Q2M (5) | トップページ | ES9038Q2M (6) ・・・試聴・・・ »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ES9038Q2M (5) | トップページ | ES9038Q2M (6) ・・・試聴・・・ »