« ES9038Q2M (5)の2 | トップページ | ES9038Q2M (7) »

ES9038Q2M (6) ・・・試聴・・・

あれ程満足していた No220風DAC の負けでした。(^^;)

クラッシク、JAZZ ポップスと、NA7004に入れて有る楽曲を次々と聴き、

時には、一曲づつ No220風DAC と入れ替えて交互に聴きました。

比較すると ES9038Q2Mは、

情報量が多くて音に奥行きが有り、ボーカルが目の前に浮かび上がる感じでした。

ES9038Q2M聴いてから、最初にNo220風DACに入れ替えて聴いた時は、

思わず「寂しい空間・・・」と思ってしまいました。

エネルギー感に乏しく、平面的で音場も狭い様に思ってしまいました。

ES9038Q2Mの方は、未だ改造の余地がいっぱい残っており、

伸びしろがいっぱい在りますが、

No220風では、これ以上の伸びしろは有りそうも有りませんので、

解体してジャンク箱行きとなりそうです。

ケースだけ、ES9038Q2M用に再利用したいと思います。

ES9038Q2Mの改造は残す所電源の±電源化、アナログ部分のディスクリート化等、

未だ未だ、やらなくてはならない作業が残っていますが、

まずは、ケースに収めるのが先ですね。・・・

追記

ケース流用の為、速攻で分解しました。

作る時は、結構時間がかかりますが、分解する時はあっという間です。(^^;)

Img_0091_r

Img_0092_r

 

 

 

|

« ES9038Q2M (5)の2 | トップページ | ES9038Q2M (7) »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

ジンバラン さん
情報ありがとうございます。<m(__)m>
私もようやくNo220アナログ基板を繋ぐことが出来ました。
ES90238Q2M基板を一枚壊してしまいましたが、
何とか出来てほっとしています。
これから暫くエージングしてみます。・・・

投稿: LA4 | 2019年8月 4日 (日) 12時02分

LA4さん
3日通電し問題ないので以下の手を加えてみました。
①3.3Vに関わる3つの電解コンを超低ESRを謳う SUNCONに替えてコンデンサアレイ付加。
②ES9038のラッチアップ対策にプルダウン抵抗付加。
④ノイズ対策にSPDIF入力部にフェライトビーズとパルストランスなど追加。
⑤作りっぱなしでも金田式IIバッファ側が飽和してしまう感じはないのですが、念のためゲインコントロールを実用になるよう…また、基盤デフォルトは通電してみんべさん指摘のような問題があるので、入力の4.7Ωを放電用1N4148を抱かせた4.7KΩに替える。
⑥基盤を無理無理カットして切り口が酷かったので、ヤスリで整形。
3日間エージングの後のコンデンサ換装などですぐの音質評価出来ないが防爆対策もしたことで気分的に安心。SPDIFも問題なく192kHzが通り、DSDも問題なく再生。電流受けプリ → 電流受けモノパワーに繋いでいますが、 ボリュームを上げたままDACを電源をオンオフさせても無音。
今後のDAC改造のベンチマークにしようと、Denafrips ARESというR2R DAC(無帰還が売り)を購入したので、時間を置いて比較してみようと思います。

投稿: ジンバラン | 2019年8月 4日 (日) 07時15分

ジンバラン さん
情報ありがとうございます。
素早いですね。・・・
私の方は、
先日の日曜日、分解して有った、
ダイオードタイプで試そうとして、
作業に失敗して、パターンを剥いでしまい挫折。
今度の日曜日に、予備の基板で復活させようと考えています。
チップタイプTrで作り直した方が、
良さそうな気もしつつ(^^;)・・・

投稿: LA4 | 2019年8月 1日 (木) 22時38分

LA4さん
昨日、LA4さんと同じ「ES9038 Q2M I2S DSD」基盤が届きましたので、以下の改造をして金田式電流出力II変換回路に入れてみました。

①8VレギュレーターL7808、3.3VレギュレーターAMS1117の除去
②アナログ出力を得るオペアンプ(5532D)を抜く
③ES9038からオペアンプに向かう出力線は左右2個づつ6.8KΩの抵抗を経由しますがこれを除去
④削除した6.8KΩ部のES9038側から左右2本づつのリード線を出し、金田式電流出力アナログ基盤に入力部に接続
⑤たかじんさんが基盤頒布のDC-Arrow(無帰還電源として定評あり)作った3.3VをAMS1117のポイントに給電(ちなみに電源はこれだけです)
⑥デジタルフィルタは、Linear phase slow roll-off filterで設定

で、まずは音出し成功です。滑らかかつ解像度高くLA4さんおっしゃるようにポテンシャル感じさす鳴り方です。PCM1794をポイした気分よく判ります。これは今後が楽しみの展開であり、金田式電流出力II変換回路が持っていた本来の良さがその後のDAC回路の進展で引き出されたような感じ。
これをPCM1794回路の場所に入れるには入出力端子群が余計なので全て外し、更地になった場所をカッターで1cm程カットすることで無事収めること出来ました。しばらくエージングしてからアレイ型パスコンなど付加していきたいと思います。取り急ぎご報告まで。

投稿: ジンバラン | 2019年8月 1日 (木) 11時22分

S さん
こんばんは
>新しいレギュレータの音が金属的な感じがするのは
エージングが進めば良くなって来るのではないか、
と期待しています。
>LCAP以外ではより・・・
アナログ部を取りあえず試してから、
LCAPを試してみます。
何時も貴重な、情報を頂きまして、
ありがとうございます<m(__)m>

投稿: LA4 | 2019年7月23日 (火) 19時30分

おはようございます。
アップローダの広告でご迷惑をお掛けしたばかりで恐縮なのですが、コンデンサに関してお伝えしたいことがあります。

セラミックコンデンサの材質は、圧電ブザーにも使われることがあるほど音響効果の大きい物があるので注意した方がいいと思います。
通電してみんべさんの記事でも解説されています。
https://ecaps.exblog.jp/21184585/
新しいレギュレータの音が金属的な感じがするのは、もしかしたらチップセラミックの音の影響なのではないでしょうか?
私が2SC959を試したときは特に気になりませんでした。
レギュレータで音が変わるということは、コンデンサでも音が変わるということにもなると思います。

PCM1794のVcomはコンデンサの種類の影響を受けやすく、PMLCAPが音がいいというより、PMLCAP以外ではより音の劣化の度合いが大きくなってしまうと捉えた方がいいのではないかと思います。
とはいうものの、PMLCAPは音がいいので、私は既に一万円以上買ってしまっています…

DACの電源も重要で、通電してみんべさんはDACのアナログ部の電源はレギュレータ自体他とは別にすべきと書かれていますが、まだ私はそこまで実践できていません(OPA659でI/V変換しているのですが、DACアナログと共通です)。
https://ecaps.exblog.jp/21155968/

投稿: S | 2019年7月23日 (火) 06時49分

ジンバラン 様
情報ありがとうございます。
>0.6Vと書いてあるところはほったらかしで・・・
これさえクリアできれば、試してみたいですね。
それもチップTrで(^^;)
分解したNo220のアナログ部はそのまま残していますが、Diタイプで使ったのでチップTrのデュアルタイプタイプで作って見たいです。・・・

投稿: LA4 | 2019年7月22日 (月) 21時55分

LA4さま
お疲れさまです
kontonさんの頁に出て来る最初の回路図が判りやすいです。0.6Vと書いてあるところはほったらかしでグランドと結合はしないです。pcm1794は3.3V片電源で動作し、金田式IVC回路は±電源で動いてました。pcm1794に代えてES9038K2mにするだけ、ES9038K2mのグランドと金田式IVC回路のグランドは決線。調整は50KΩの半固定で電流出力が零に近くなったところで合わせ、ゲインはクリップしないように電子ボリューム(20kΩVR)で調整。20kΩVRは別途用意では。

投稿: ジンバラン | 2019年7月22日 (月) 20時39分

ジンバラン さん
こんばんわ
>NO.220の電流 ・ 電流バッファに
私も試してみたいと思っているのですが、
0.6Vの回路が良く理解できずに迷っています。
ここをグランドにして良いのか、それとも0.6Vを加えた方が良いのか・・・
一度試してみたいとは思っています。
最悪壊れても
、ES9038Q2M基盤は予備が有りますので(^^;)・・・

投稿: LA4 | 2019年7月22日 (月) 19時49分

最初の投稿、Sさまと書いてしまいましたが、LA4さまでした。失礼しました。
で、DC-AMPBIZのDAC-MP1を使っていた方から、金田さんオリジナルのPCM1794に替えて使われていたES9018Q2Mは、負荷の状況で電流出力にも電圧出力にもなるDAC素子であり、アナログ段はNO.220の電流 ・ 電流バッファに繋がっていたとの話を伺いました。これはやってみない手はないとLA4さんが実験されているES9038Q2M基盤をポチしました。このアナログ段は電源の条件でコロコロ音が変わるようですので、ES9038Q2Mからの出力をNO.220の電流 ・ 電流バッファに入れてPCM1794との比較をしてみようと思っています。結果お知らせしたいと思います。

投稿: ジンバラン | 2019年7月22日 (月) 07時39分

S さん
コメント ありがとうございます。
>PMLCAPの方が解像度や奥行き感が良かったです
本当にコンデンサで化けますね。
直ぐには無理ですが、一歩一歩試して行きます。

投稿: LA4 | 2019年7月21日 (日) 20時38分

お疲れさまです
思いだすと、DC-AMPBIZが出していた金田式DAC(DAC-MP1)にはES9018K2mが使われてました。ここでES9018K2m(電圧出力と言われています)からの出力をどう金田式電流合成アンプに接続していたか…情報があるといいのですが。まだ使っておられる方いるかどうか…。

投稿: ジンバラン | 2019年7月18日 (木) 10時05分

ジンバラン さん
コメント頂きまして、ありがとうございます。
>「アナログ回路も金田式に変更」の・・・
実は、レコードを聴いた後に、デジタルを聴くと、
音は端正なのですが、力強さでアナログに、
負けている様に、感じてしまい、
ブログにも書いて有ります様に、
出力のディスクリート化、±電源化など、
実践しなければ、と思っています。
金田先生が仰っていらっしゃる様に、
デジタルとアナログが、
交互に影響して、成長している感じです。・・・

投稿: LA4 | 2019年7月17日 (水) 21時04分

Sさま
興味深い展開固唾を飲んで見させていただいてます。
「アナログ回路も金田式に変更」の思いが吐露されてましたが、金田式電流DACも投げ棄ててしまったには驚きです。それにしてもES9038Q2M+金田式電流アナログの段階を踏んでいただきたかったと悔やまれます。

投稿: ジンバラン | 2019年7月17日 (水) 12時34分

S さん
こんばんわ
チップタイプには、色々音の良さそうな物が有って、
自作マニアにとっては、試しがいのある所ですね。
昔は金田先生の記事でしか情報を得る事が出来ませんでしたが、今ではネットで色々な方が情報を発信してくれているので、自分が良いと思うものを探すのが楽になりました。(迷う事が多いですが(^^;)
・・・

投稿: LA4 | 2019年7月 8日 (月) 20時17分

今晩は。

>残念ながら速攻で分解しました。
もう分解されてしまいましたか。
金田先生もこの部分は特にコンデンサを指定していないみたいですが、私の経験ではここにOSコンを使ったら奥行き感が損なわれたので、それで普通の電解になっているんだと思います。
PMLCAPは世界最小のフィルムコンなので何とか取り付けられそうだと思って使ったら音が素晴らしかったです。
以降はPMLCAPは色々なところで使ってます。
レギュレータの出力側でも素晴らしい音がしますよ。

>今日もしっかり数時間、動作確認がてら聴いてしまいました。・・・
私も時間があれば音楽を聴いている状態です。
ムソルグスキーの展覧会の絵は以前はそれほど好きでもなかったのですが、今の電源にしてから俄然雰囲気がでるようになって、ほぼ毎日聴くようになりました。

素晴らしいダイオードに出会わせていただいて本当にありがとうございました。

投稿: S | 2019年7月 7日 (日) 22時41分

Sさん
今晩は。
>No220風DACのDACはPCM1794でしょうか?
はい PCM1794です。
>DACのVCOMの部分のコンデンサをPMLCAPにすると音が大きく改善しますよ。
残念ながら速攻で分解しました。
より良い物が出来ると、それ以外は、興味が無くなってしまいます。
「通電してみんべさん」は一見ふざけた文章も見受けられますが、基礎のしっかりできた理論に感服しています。
自分自身が基礎が出来ていないので、読み解くのが大変ですが(^^;)
>本当に1SMBと通電してみんべさんの回路はいい音がしますよね。
本当にそうですね。シンプルで音が良いのが一番です。
今日もしっかり数時間、動作確認がてら聴いてしまいました。・・・

投稿: LA4 | 2019年7月 6日 (土) 20時17分

今晩は。

レギュレータが出来たのですね。
本当に1SMBと通電してみんべさんの回路はいい音がしますよね。
耐圧に問題なければ、2SK168を使うとより空気感がでて良かったです。

No220風DACのDACはPCM1794でしょうか?
でしたら、DACのVCOMの部分のコンデンサをPMLCAPにすると音が大きく改善しますよ。
22μFまでしかないので2個合体させて使いましたが、奥行き感や解像度が良くなりましたよ。

投稿: S | 2019年7月 6日 (土) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ES9038Q2M (5)の2 | トップページ | ES9038Q2M (7) »