« ES9038Q2M (4)の2 | トップページ | ES9038Q2M (5)の2 »

ES9038Q2M (5)

ジャンク箱に金田式 3.3V レギュレータが残っていましたので、使ってみようと、

安易に、ES9038Q2M基盤のAMS1117 3.3を除去して、

16.8Vレギュレータにの出力に3.3V レギュレータを接続して、

ER-4Sで聴いてみました。・・・

後悔しきりの一瞬です。

昨日聴いた音が後かとも無く消え去り、うるさい高域、消え去った重低域、平面的な音場・・・

もう最悪です。(^^;)

AMS1117の足はニッパーで切って外しましたので、再使用は出来ません。

泣き言を言っていても仕方ありませんので、レギュレーターの共用はやめて、

3.3Vレギュレーター用に、もう一枚SiCMOS使用のレギュレータを作る事にしました。

トランスの出力は二回路有りますので、もう一つの出力に組み込みました。

1SMB5915(3.9V)を二個使い、8V近い出力電圧の予定でしたが実際は6.4V位の出力電圧でした。

これに3.3Vのレギュレーターを接続して、二重レギュレーターにして試聴しました。

Img_0088_r

結果は大正解でした。(ほっとした一瞬です)

昨日聴いた音が蘇り、高域のうるささも無く、低域も豊かに伸びて、空間表現も元にもどり豊かに広がってくれました。

*(AMS1117使用の昨夜より、心持高域がきつく感じられますが・・・)

深夜なのでSPではならせませんが、オンケンで聴いたらどんな音なのか楽しになりました。・・・

 

|

« ES9038Q2M (4)の2 | トップページ | ES9038Q2M (5)の2 »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ES9038Q2M (4)の2 | トップページ | ES9038Q2M (5)の2 »