« ES9038Q2M (4) | トップページ | ES9038Q2M (5) »

ES9038Q2M (4)の2

我慢できずにPower IVC接続してオンケンSPで音出ししました。

(昨日オフセットの件は、再度測定して1mV以下で有る事は確認していました)

残念ながら、現用の金田式DACの音を凌駕してしまいました。(^^;)

同じ曲を数回入れ替えて聴いたのですが、金田式の方の音が平面的に感じてしまい、楽器の定位が甘い様に感じてしまいました。

高域も少し雑味を感じます。

レギュレータ基盤を作る前は、ES9038Q2M基板の方が、

高域を荒くて感じて、金田式DACを凌駕する様には感じませんでした、

まさか、まさかの感想です。

これでアナログ系の電源を±15Vにして3.3Vも金田式に変更したり、アナログ回路も金田式に変更したら、何処まで化けるのでしょうか。

こんな簡素なレギュレータ基板で、ここまで化けるとは思ってもみませんでした。・・・

|

« ES9038Q2M (4) | トップページ | ES9038Q2M (5) »

DAC(デジタルアナログコンバータ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ES9038Q2M (4) | トップページ | ES9038Q2M (5) »