その他独り言

本当だったのですね・・・

DCアンプbiz さんの所で書き込みされています。
http://dcamp.biz/?p=776
オンケンの小泉さんが亡くなられたそうです。
先日、別な方からメールを頂き、亡くなられたのは知っていましたが、
ネットで公開されたので、本当の事だったのですね。
もう、新品のオンケンSPを目にする事も出来ないのは本当に残念です。
せめて弟子でも採ってくれていれば修理くらいは可能だったでしょうが、
今使っているユニットは、大事に使って行きたいと思います。
後何年使える事やら。
もっとも、使っているオンケンSPが壊れたら、
私のオーディオ人生も終了ですね。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CD STABILIZER

何十年ぶりでしょうか、
ふと、CDラックの中で目に止まった、
TAPEX CD STABILIZER TS-88BR
を使ってみました。
Celine Dion 「ALL THE WAY...A Decaade Decade Of Song」ESCA8070
の三曲目 
「BECAUSE YOU LOVE ME」
でSTABILIZERの有無を聴き比べてみました。
2回ほど交互に聴いてみましたが、明らかに違いますね。
比較するとSTABILIZER無しでは、

はっきりと認識できる位、音が薄っぺらく軽く感じてしまいす。

昔、
試したシステム(CDP−101、市販アンプ、SX−7、SS-G9等)の時には、

ここまでの違いは、判別できなかった様に記憶しています。
気休め程度に考えていました。
さすがにSTABILIZER TS-88BRの重さ80グラムは、
PDR−D7には荷が重く、認識に時間がかかりますが、
如実に音が違うとなると、トップローディングのCDプレイヤーが欲しくなってきました。
アンプおやじさんの様に、
水晶のスタビライザーだと、もっと凄い事になるのでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iMSO-204L ・・・

数回メールのやり取りが有り、

「大量発注が有り在庫が無くなったので返金か、

新製品を待つか、

それとも手持ちを送ろうか」

と有り、

「新製品を待つ」と返事しましたが、

「新製品は未だ時間がかかるので、新製品が出たらリプレイスする」と、

手持ち在庫の品(未開封品)が送られてきました。

早速、開封してチェックしました。

002_r


003_r


004_r

発振器で方形波を出力して波形確認してみました。

発振器の周波数とiPadに表示された発振周波数は、

ほぼ、同じ周波数を表示していました。

時間をかけて使いこなして行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Electronic Toolbox Pro

iPad miniで使用するオシロスコープのアプリ「iMSO2」アプリを、

検索した時に見かけた

・ Electronic Toolbox Pro

・ RF Toolbox - High frequency Tools

と言うアプリを安かった事も有り、

興味本位で購入してみました。

ttp://electronic-toolbox.com/electronic-toolbox/

・ Electronic Toolbox Pro

Ws000702
Ws000703
Ws000707
・ RF Toolbox - High frequency Tools

Ws000704
Ws000705
Ws000706
未だかじり始めたばかりなので、

全然理解できていませんが、

数値を入力するだけで計算をしてくれたり、

その計算式も記載されていたり、

Trなのどリストで選択すると、

規格が掲載されていたりと、

多彩な項目が有り、電子工学の学生さんには、

すごく便利で重宝するような気がします。

関数電卓機能有り、オシロスコープ機能有りと、

とにかく多彩で、機能豊富です。

iOS用は一つ840円、二つ同時購入は1300円でした。

Windows版やAndroid版も有る様です。

仕事の為に購入したiPad miniでしたが、

趣味でも重宝しそうで、購入したかいが有りました。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPadをオシロスコープに・・・

iPad や iPhoneで使えるオシロスコープをネットで目にして、

思わず発注してしまいました。

JDSのUDS-5202 と言う100MHzのUSBオシロも持ってはいますが、

折角購入したiPad mini がオシロスコープとして使えるのなら、

面白そうです。

価格が玩具としては、少し高めなので数日悩みましたが、本日ポチってしまいました。

Imso204l20ipadmini

iMSO-204L $458.26

送料込みの価格です。

発注に関して少し不安なのは、

今回、国選択でJAPANを選択したら、

漢字表記で県名を選択する形でしたので、

迷った挙句に、全て漢字表記で住所、名前を書き込みしました。

今までは海外に発注する際は、

全て、ローマ字表記で書き込んでいましたので、

無事、到着する事を願うばかりです。(^^;)

(JAPANと郵便番号を書いていますので、近くまでは届くでしょう)

アナログ帯域は5MHzなので玩具ですが、オーディオアンプのチェックには十分でしょう。

ロジックアナライザー機能も有る様ですから、

制御アンプ等のデジタル系の調整には使えるでしょうか。

ロジアナを持っていなかったので、丁度良い機会かも知れません。・・・

追記

危惧した通り「準備は出来たので、英語で送り先を書いてくれ」とメールが来ました。

それなら何故、県名を漢字で選択する様になっていたのでしょうか(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑感・・・

新しい仕事で、毎日数十件のお宅を訪問していますが、
自分がオーディオを中心として部屋を考えている為か、
シンプルに整理された部屋で
「素敵な部屋ですね。・・・」
と思わず感想を漏らしたのは、たった一度しか有りません。
バブルの頃のTV番組の様に、
広いリビングに置物がポツンと置かれて、実に生活臭のないシンプルな佇まいでした。
オーディオ的には憧れの空間で、思わずお客様に口走ってしまいました。
自分のリビングもオーディオ以外は、なるべく物を置かず、リトグラフや置物を置いてシンプルにしているつもりです。
毎日、帰宅後一時間位は音楽を聴いていますが、オンセミのダイオード使用以後、
ヴァイオリンの響きの美しさやピアノの響きの美しさ等、

不満なくCDやレコードを聴いていますが、
「本当にそれで良いのか?」と進歩が止まっているのには、
一抹の不安も有ります。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無題 ・・・

ここの所、新しい仕事に慣れる事に精一杯で、心にゆとりが有りません。

時々、帰宅後三十分程CDを聴くのがやっとです。

先日、延長コードを自作のコードから、

大昔購入していた、オヤイデの電源タップに交換したら音の変化が有りました。

比較するとオヤイデ電線の物は、落ち着いた音になり、

最初は、高域の伸びが足りない感じを受けましたが、

以前の物が高域よりだっただけで、今ではオヤイデの物の方が音に充実感が有り、

しっとり落ち着いた音で、ゆったりとした気分になります。

聴こえる音は、ダイオード交換以降、絶好調で全く不満無く聴いています。・・・

今はオーディオどころでは無くて、

PCとiPhoneの連携で仕事の効率を上げようと、

仕事で使うデータ書類をPDF化する作業に没頭しています。

iPhoneにはPDF Pro3なるアプリを導入して、

PCでは「いきなりPDF」の新しいVerの物を購入して、

スキャンしたファイルを取り込んで加工する、という作業を帰宅後繰り返しています。

職場では、終業時刻過ぎて30分以降は、原則PC使用禁止の様なので、困った物です。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにMR-2000S

久しぶりにMR-2000Sに火を入れて、音出ししてみました。

Img_0683_r
MR-2000SのHDDに残して有る,

レコードのデジタル化音源を聴きました。

日付を見ると2015年と有りますので、二年前の音源です。

聴いてビックリしました。

低域が豊かで、高域も澄み渡っています。

奥行き感も有り、定位もしっかりしています。

以前は、

聴き取る事の出来なかった音まで聴こえてきました。

心持、音が滑らかで、しっとりとしているように感じます。

データとしては、しっかり記録されていたのに、

以前のDAC電源では再現できなかったのですね。

ダイオード交換で、

二年間、掘り起こせなかった情報が掘り起こされて、解放された様です。

二時間程じっくりと聴いてから、配線をCDにつなぎかえて試聴してみると、

耳が96K/24bitの音に慣れたせいなのか、スケール感を小さく感じ、

高域も、少しきつい様に感じてしまいます。

昨日まではCDで十分と思っていました。

読み取り装置が、一方はCDドライブ、かたやHDDと違いますので、

一概には言えませんが、

しかし、こうしてハイレゾの音を聴いて比較すると、

CDの音は、ハイレゾよりは荒い音ですね。

次の休みには、現在の電源を使って、

再度、ADCでデジタル化して比較してみたいと思います。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スターウォーズ組曲比較 ・・・

スターウォーズ組曲をレコードとCDで比較試聴してみました。

Img_0679_r
レコード: SLA 1160

CD : UCCD-7016

最初にCDで聴き、次にレコードそしてまたCDを聴いての感想です。

CDとレコードで、ほとんど差が有りませんでした。

ホコリによるプチノイズが無ければ、CDなのかレコードなのか、

判別は難しいのではないかと思うくらいです。

次に、比較はしませんでしたが、

マーラー 交響曲第一番二長調「巨人」を聴いて一時を過ごしました。

レギュレーター回路のツェナーダーオード1個の事で、

これ程音が変化するのは、驚き以外の何物でも有りません。

試してはいませんが、バッテリー駆動にして、

このレギュレーターを使ったら、どんな音になる事やら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり心地良い・・・

10日ぶりにメインシステムでCDを聴きました。

「ハービ・ハンコック・トリオwithロン・カーター+トニー・ウイリアムス」38DP17

「GOING HOME THE L.A.FOUR」 32JD-101043

Celineb DSion ALL THE WAY...A Decade Of Song」ESCA 8070

バスドラムの皮の振動が見えるような音、

フルートやギターのの生々しさ、

沈み込んだ床を震わす低域、

何処までも澄み渡り延びた高域、

そして、のびやかに開放された中域・・・

何の不満も有りません。

いずれ、この音を超えるダイオードが、

現れるのかも知れませんが、

当分は無理かもしれません。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧