金田式DCアンプ

アナログ復活!!

替わったのは、

レギュレータ基板だけなのですが、

レコード再生が、

デジタル再生を、凌駕しました。

聴いていると、

「デジタル再生なんていらないのでは?・・・」

と思えるほどです。

聴きなれたレコードでないと、評価できないと、

「私の声が聞こえますか」中島みゆき

「PAUL MAURIAT  POPS HITD ANTHOLOGY LOVE SOUNDS HITS」

「華麗なるショパン エドワード・アウサー」

「FOR DUKE]

等、

次々聴きましたが、

高域の伸び、低域の量感、情報量の多さ等、

どれも驚愕のレベルで、

ポールモーリアのレコード等は、

思い入れも、たっぷりなので、

今まで聴いた事の無い音に気ずかされて、

思わず涙が出て来ました。

(もう40年位前に買ったレコードですか(^^;))

YSさんに送って頂いた、コンデンサの影響が、

この再生音に、大きく影響していると思います。

本当に、感謝いたします。

それにしても、こんな簡単なレギュレータから、

感動する音が出るなんて、自作オーディオをやっていて本当に良かったです。・・・

 

 

| | コメント (0)

イコライザーアンプ用 ±15Vレギュレーター(5)

結局は、基板を再度作り直しました。(^^;)

昨日から今日の午前中まで、あーでも無い、こーでも無いと色々いじっていましたが、

どうも、プラス側レギュレータが発振している様で、

10分位電源を入れっぱなしにすると、

CMF10120やダイオードが、かなり発熱しています。

マイナス側はほんのりと、暖かい程度でした。

これは作り直すしかないと考え、

チップTrはやめて2SK117、2SC1775を使う事にしました。

更に入力側のコンデンサに4.7μF、出力側に47μFを使って試す事にしました。

Ws000765

Ws000764

Img_0100_r

出力電圧は±15.7Vで揃っていました。

イコライザー基板のオフセットを、再度調整して、

恐る恐る音出しです。

「やったー!!」

音が出るまで、ハム音無の静寂です。

数分聴いただけですが、音も良さげです。

発熱も±ともに、ほのかな程度です。

今日はここまでとして、後程じっくりと試聴します。

なにせ、朝から何も食べづ作業を続けてしまい、

夕方四時となりました(^^;)・・・

追記

ダイオード

1SMB5918T3GOSCT-NO 5.1 V  3W

コンデンサ

チップタイプ セラコン

4.7μF 50V GRM21BB31H475KE51

47μF 16V GRM32EB31C476KE15

| | コメント (0)

イコライザーアンプ用 ±15Vレギュレーター(4)

チップTr、チップコンデンサを使って組んでみました。

Ws000760

Ws000761

写真の左が今回作成した物、右が今まで使っていた基板です。

Img_0098_r

今までの基板も、オンセミのDiとCMF10120を使用していましたので、

音出し比較が楽しみだったのですが・・・・

今回の基板ではハム音が出てしまいました。

イコライザ基盤のオフセットを確認すると100mV位のオフセットが出ています。

電源もプラスが17.2Vマイナスが17.8Vと、

前の基板使用の時の±15.6Vの時と比べると、

±で0.6V位の差が有りますので、

ひょっとしたらイコライザー基板の、オフセット再調整が必要なのかもしれません。

長い間触っていないと、調整方法を思い出すのに時間がかかりそうです。・・・

追記

カートリッジを接続した状態では、

出力のオフセットは5mA以下でしたので、問題は無さそうです。

レギュレータ基盤の、コンデンサの容量を替えてはみましたが。

変化有りませんでした。

| | コメント (0)

イコライザーアンプ用 ±15Vレギュレーター(3)

Tr , FET もチップタイプを使う事にして、

パターンを変更しました。

Ws000759

コンデンサもチップタイプを使うつもりです。・・・

| | コメント (0)

イコライザーアンプ用 ±15Vレギュレーター(2)

後ににも先にも、一回こっきりの様ですね。

1983年12月号の記事の様です。

(もう、三十年以上前の記事ですね)

当時は記事のページに年度月が表示されていませんでした。

Ws000755

Ws000752_r_20190712231401

この回路、LTSPice上で色々素子を触ってみると、

プラス側とマイナス側で素子の動作が違う様です。

出力電圧は±反転しているだけで問題無さそうですが、素

子に加わている電圧の波形が、結構違っていました。

私自身は、音が良くて±電源出力さえ、安定しているのならば全く気になりません。

・・・・が、±で動作が違う事が、

±電源で、同じ回路を使われない理由、

なのかも知れないと思ったりしました。・・・

 

 

 

 

| | コメント (0)

イコライザーアンプ用 ±15Vレギュレーター(1)

YSさんに、ご教授いただきまして、

同一回路での±レギュレータ

「そう言えば、昔、

同一回路での±レギュレータ記事が有った様な・・・」

と単行本を、ざっとめぐりましたが見つかりませんでした。

* No 77 プリアンプの記事に掲載されていました。

LTSpiceで占てみると、±15V動作している様です。

Ws000752_r

Ws000753_r

週末にでも作って見ます。・・・

| | コメント (0)

レタリングシート

某所で書き込みを拝見しましたので、検索してみました。

Img_0033_r_1

テクサンのレタリングシートの、
飾り文字の自作を検索してみると、
結構、色々な方が実践されている様です。
こんな物を買ってみました。

Img_0034_r
飾り文字のフォントは、「exmouth_.ttf」の様です。

早速PCにフォントを入れてプリントアウトしてみると、

Ws000742

 

こんな感じです。

アンプは自分で使用するだけで、他人に見せる物でも有りませんので、
ケースのレタリングに、気を使ったことは有りませんでしたが、
今年は、ケースを作り直してみましょうか。(^^;)・・・

 

| | コメント (0)

MJ 2017/12月号

MJ12月号を買ってきました。

Mj1712208x299

興味はDDCの事・・・

某所で、

XMOSのXU208らしい、

との書き込みを、拝見していましたが、

記事の写真を見てみると、

rev2の基板の様です。

Htb1zmy9xvym8kjjszfuq6af7fxau
写真の右がrev2,左がrev1で、クロックの石が違うだけらしいです。

早速発注 ・・・

(違いを確認するのも面白いかもと、両方発注しました。)

現用のDACには、S/PDIFと光の、

両方を取り付けていますが、

これにUSBが加わると、

どのような音の違いが有るのか楽しみです。

遅くても、年内には到着してくれれば良いのですが (^-^;・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイムマシンレコード「LIKE SOMEONE IN LOVE」

評判が良いので気になりe - onkyoでハイレゾ音源をダウンロード購入しました。

Like_someone_in_love
早速、MR-2000SのHDDに転送して試聴しました。

中々良い録音では無いでしょうか。

まるで自分で生録会に参加しているような、空間が再現されている感じです。

ピアノの音も生々しく感じられます。

バランスも良く収録されており、

あっという間に、楽しく三曲聴き入りました。

これでしたら第三段、四段と次回が楽しみになります。

出来れば、ヴァイオリン等、弦楽器のクラッシクも発売して頂けたら幸いです。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No251 イコライザー (モドキ)・・・

電源電圧を±16.8Vにしてシミュレーションしてみました。

Ws000666_r

実際は判りませんが、シミュレーション上は、

補正のコンデンサ 0.68μFや入力の330Ωが無くても問題無さそうです。

Ws000664_r
Ws000665_r
入力電圧は、±25Vの様に5mVとはいかず、3mVが限界の様です。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧