HONDA S660

下調べ走行・・・

昨日何時もの様にネット徘徊していたら、

「かごんまオープンクラブ」の所で、

来週の集まりの為の下調べ走行を、

本番と同じ10時出発で行うと有りました。

時計を見ると8時半です。

急遽、参加してみたくなり、

急いで身支度して、農面道路を飛ばし、

十時ギリギリにマリンポートに到着しました。

飛び入り参加の挨拶をして出発です。

運動神経の鈍い私は、ついて行くのがやっとでした。

一人で走るより、けっこう気を使いますね。(^^;)

Img_0985_r

8台で走りましたが、結構ばらつきました。

来週は、30台参加予定との事ですが、

8台でこの状態ですから、

30台ともなると、先頭と最後尾では結構時間差が有りそうな気がします。・・・

追記

昨日は生憎雨が降り、綺麗に見えませんでしたが、

本日は快晴でこんな感じです。

Img_0990_r
来週日曜日も、今日の様に綺麗に見えると良いんですが。・・・

* 家の前からだと近すぎて、こんな感じですが、

* 池田湖周辺からなら、もっと綺麗に見えるかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開聞山麓香料園

庭に張る人工芝の杭を、ナフコに買いに行った帰りに寄ってみました。

Img_0976_r

ホームページ:http://www.hoshogarden.com/

Img_0973_r
香水やハーブティーを売っている売店と、喫茶店が有ります。

Img_0972_r
Img_0971_r
ここの「トマトスープのおじや」が好きで、たまに立ち寄っています。

Img_0967_r
Img_0968_r
セットメニューには「ハーブティー」か「ハイビスカスのシャーベット」どちらかが選べます。

Img_0970_r
今回は「ハイビスカスのシャーベット」・・・

Img_0969_r
そして、毎回売店に立ち寄り、お部屋用の香料を購入して帰っています。

ハーブの香りは心が、落ち着きます。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速道路走行・・・

先週末に、空港まで高速道路を利用して走行してみました。

後方視界が悪いと評判なので、心配していましたが、

N-WGNで使用していた広角のバックミラーを、そのまま流用しているおかげか、

合流や追い越し等でも、何の問題も無くスムーズでした。

スムーズな追い越し等の加速性能は「RaceChip RS」の効果なのかもしれません。・・・

Img_0950_r

* 渡航先の仁川空港で演劇が行われていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喫茶パラゴン

以前から、気にはなっていたのですが、

ドライブがてら、片道二時間かけて行ってきました。

(おおよそ往復200Km位 さすがに帰りは疲れました)

・「Jazz喫茶 パラゴン」

いちき串木野市

https://www.facebook.com/kushikinoparagon/

Img_0946_r
Img_0943_r
Img_0944_r

ピザとモカを注文して30位の滞在でしたが、

久しぶりの本格的コーヒーもピザも、おいしく頂きました。

*「ブログにアップする写真を撮っても良いですか?」と聴いた所、快く了解してい戴きました。

帰り路に、小学校か中学校の遠足以来の、

「吹上海岸」に立ち寄ってみました。

Img_0947_r
Img_0948_r

左右、結構広い砂浜が広がっています。

砂丘を見るのは鳥取砂丘以来かも知れません。

*ちなみに遊泳禁止の様です。

その帰りは道を間違えてしまい、くねくねと曲がりくねった山道を走ってしまいましたが、

S660にとっては本領発揮で、楽しくドライブ出来ました。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花瀬望比公園

先週の日曜日に、小学校か中学校の遠足以来、数十年ぶりにドライブがてら行ってみました。

昔は、単に「花瀬海岸」と言っていたと思うのですが、

今では整備され慰霊のいみも有り「花瀬望比公園」と言う様です。

Img_0933_r
* 久しぶりにオープンにして走りました。

Img_0941_r
Img_0939_r
Img_0938_r
Img_0936_r
案内を見ると、車で開聞岳の周囲を周れそうだったので走って見ました。

途中までは整備された道路で、スムーズに走りましたが、

残り一キロ余りは軽自動車が、漸く通れるくらいの狭いトンネルになっており、

上の道路を抜けるだけだろう、と思って侵入した私は、

だんだん心配になり、

「行き止まりだったらどうしよう」と、

ドキドキしながら進みました。

途中、

数か所、すれ違い用のスペースは有りましたが、

対向車が来なくて、本当に良かったです。

トンネル出口では、

ツーリングのバイク集団が、私の出て来るのを待っていました。

後で知り合いに聴いたら、あのトンネルは幽霊話で有名な所だったらしいです。(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RaceChip RS ホンダ S660 (2)

納車後、一ケ月もたたずに2000Kmを超えてしまいました。

おまけに、防錆をやろうとして、

タイヤを外す時に、治具をボディに当ててしまい、

傷を付けてしまう始末です。(^^;)

ディーラーの、一ケ月点検時に見積もりして貰うと、

少々、高額な見積もりだった為、

自分で補修する事にして、タッチペンやらスプレー缶を、

ネットで購入。

ようやく、目立たない程度には、補修出来ました。

* 一ケ月点検時、RaceChip RSは付けたままでしたが、問題は有りませんでした。

* 車検時も、排ガスに問題無ければ、大丈夫ではないかとの事でした。

今日はS660に使うモールを、オートバックスに買いに走りましたが、

Img_0930_r
* 後輪にモールを取り付けてみました

追記

追加購入して前輪側にも

Img_0931_r

* 純正で付いているベロ?の高さで収まっていますので、車検上も問題ないと思います

RaceChip RS の設定をオリジナルの”3”から”4”に変更して走って見ました。

体感的には変化は有りませんでしたが、心持もっさりした挙動を感じてしまいました。

帰りは設定を”2”にして走りましたが、やはり”3”に比べると多少違和感を感じます。

吸気系やプラグなどを、いじらない状態では標準設定の”3”が無難の様に思います。

普通に走る分には 50Km~60Km 走行で 1800 ~ 2000 rpm 位で、

燃費も良く20km/L位ですし、

早朝など、他の車のいない場所で、

少しアクセルを踏んで、3500~5000 rpm 位で加速すると、

体感できるほどに、背中を押して加速してくれます。

5500 rpm 以上は廻した事は有りませんので、これから上の挙動は判りませんが、

S660は、本当に乗っていて楽しい車です。(^^;)・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RaceChip RS ホンダ S660 (1)

一ケ月点検が終わるまでは、

「我慢、我慢!!」

と思っていたのですが・・・

やはり、

我慢できずに、試してみました。(^^;)

「RaceChip RS」

Racechip_rss660感じ方は人それぞれですし,

個人の感想なので、話半分で聴いていただけると幸いです。

やり方は、すでに先人の方々が、

ネットにアップされて、いらっしゃいますので、

それを参考に、していただければと思います。

「エンジンフードを開けて、キーロックして15分待つ」の、

おまじない後、コネクタ接続して完了です。

Img_0879_r


Img_0877_r

取り付け後、

早速、一時間程試乗しましたが、

プラシボー効果全開で、

「何か、スムーズな様な気がする」

「パワーアップしたような・・・」

等、と感想を抱きました。

試乗後、おまじないでドアロック20分して、

元の状態(RaceChip RS無)に戻して、再度ドライブすると、

「RaceChip RS」の効果を実感できました。

「あー!、明らかに違う!!」

取り付け直後では、「思い込み、思い込み」と言う想いも有ったのですが、

実際外して運転してみると違いが実感出来ました。

「RaceChip RS」を付けていた時の方が、

トルク感が有り、アクセルワークに、スムーズに追従で来ていた様に感じます。

「RaceChip RS」なしでは、半歩遅れてパワーが上がって行く様に感じます。

アクセルを踏んみ込んでも、一瞬遅れて回転が上がって行くようです。

「RaceChip RS」有だと、踏み込んだ瞬間から回転が上がって行く感じでした。

空ぶかしでも、エンジンの回転音が滑らかな様な気がします。

と言う事で、

ゴールデンウイーク中は、「RaceChip RS」有で楽しみたいので、

また、「RaceChip RS」を取り付けました。

点検前に外すか、ダミーを取り付けて点検には出そうと思います。

おまじないの15分だけ守れば、完全に元に戻せるのは有り難い事です。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TS-C1730

又も、間違いを犯していた様です。

ホームセンターで購入して来た、音楽計画の「迫力ある音楽が楽しめるキット」を

Img_0875_r

取り付けようとして、ふと気になったのはTS-F1630の音が悪いのは、

ツイーターに付けられている、ハイパスフィルタコンデンサが悪いのではないかと言う事です。

Img_0876_r_3
早速、ネットで検索しますが

Ws000728_r
こんな物しかヒットしませんでした。

「TS-C1730」を買う前に、手持ちの,

金田式御用達,SOSHIN コンデンサ V2A で、試してみれば良かったですね。

「TS-C1730」も、当然コンデンサ1個のハイパスフィルタだろうと思っていましたが、

何と、確認するとコンデンサが付いていません。!!

そこで、ケースをよく読んでみると、

・低クロスオーバー化と取り付け性を考慮したインライン「クロスオーバーネットワークを採用

と有ります、

改めて接続ケーブルを確認すると、専用のケーブルに取り付けられていました。

Img_0873_r
(確認の為収縮スリーブを剥がして撮影しました)

コンデンサとコイルでフィルターを構成しています。

「TS-F1630」と違いは無いだろうと、「TS-F1630」の付属ケーブルで接続していましたが、

これではツイーターが接続されていない状態で、

(コアキシャルでは無く、シングルコーン状態)

ウーハーが無理して再生していた高域部を(分割振動領域)、

粗く感じたのは当然の事でした。(^^;)

改めてケーブルを交換して、「迫力ある音楽が楽しめるキット」を取り付けて、

Img_0874_r
早速、ドライブと洒落込みましたが、

ようやく、純正スピーカーを凌駕する音となりました。

無駄な投資と成らず、ほっと一息です。

購入したパーツで残るは、「RACE CHIP RS」のみですが、

現在の運動性能に、特に不満を感じていませんので、

試すには、勇気が入りそうです。(^^;)・・・







| | コメント (0) | トラックバック (0)

無駄使いとなるのか・・・

洗車後、ドライブがてらオートバックスへ向かい、

店内をウロウロして、スピーカーを眺めていた、

店員さんに声を掛けられました。

TS-F1630の音にがっかりしたと言った所、

色々試聴できるように、セッティングされているスピーカーを切り替えて聴かせてくれました。

もちろんTS-F1630も有りましたので、これと比較しながら、

店員さん、お勧めのスピーカーが「TS-C1730」

Img_0851_r
「今なら、これもサービスで付きますよ。」

Img_0852_r

「取り付けアダプターは、こちらが合います」

Img_0850_r

又も、針の餌にしっかりと食いついてしまいました。(^^;)

速攻で踵を返し、スピーカー交換作業です。

Img_0862_r
Img_0863_r
Img_0856_r
左が今回取り付けた「TS-C1730」右が前回取り付けた「TS-F1630」です。

最初は、グラスウールも詰め込んで取り付けましたが、

試聴の為、ドライブに出発して10分後には引き返して来て、

グラスウールを取り除きました。(^^;)

「TS-F1630」よりはましですが、どうにも高域をうるさく感じてしまい。

「ひょっとして、グラスウールで中域が吸い取られている??」

グラスウールを抜いて、再びエージングがてら何時もと違う方向にドライブしました。

純正品に比べれば、まだ低域が少ないですが、

イコライザーフラットの状態でも、まずまず聴けます。

後はエージングで、どう変化するのか楽しみでは有ります。

当ても無く走らせていて、ふと立ち寄ったのが、

こちら

Img_0868_r
Img_0869_r
Img_0870_r

「カクレクマノミ」の本物を始めてみましたが、思ったより小さいんですね。

Img_0867_r
こんな風景を眺めてから引き返しましたが、

近場に、こんな所が在ったなんて初めて知りました。

(小学校の遠足で来たような気もしますが、記憶が有りません(^^;))

これも、S660のおかげでしょうか。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「フーエルリッドカバー」塗装 (2) ・・・

余計な事をしてしまい、塗装が剥げてしまいましたので、

全部はがして、再塗装しました。

今回は綿棒では無く、筆を購入して来て、

細かい部分の塗装を実施しました。

Img_0844_r


Img_0847_r

毛先の細かい筆で、赤のペンキを塗りましたが、

集中力が続かなくて、途中何回か失敗しています。

何回か失敗する中で学んだのは、

先に薄め液を筆に含ませて一度塗り込んでから、塗料を含ませて書き込むと、

綺麗に濡れるような気がしました。

後、

乾燥を待つ間に、スピーカーも元の純正品に戻しました。

購入した「Carrozzeria TS-F1630」は、

一週間ほど我慢して聴きましたが、

エージングで良くなる事は無く、私には合いませんでした。

純正品は、「Carrozzeria TS-F1630」の音に慣らされた耳には、

高域の伸びが少し足りませんが、耳障りに感じる事も無く、

中低域の音質が私には合っている様です。

これで落ち着いて、車の中でも音楽が聴けます。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)